VSTO C# Excelアドインでフルスクリーンモードをオン・オフする方法

C#

VSTOはVisual Studio Tools for Office の略で、officeのアドインやマクロ付きドキュメントを、VB.netやc#などで記述できるフレームワークです。Visual Studioで開発することができ、VBAとオサラバできるMS公式フレームワークです。

この記事では、c#で、Excelブックのフルスクリーンモードをオン・オフにする方法を紹介します。

フルスクリーンモードとは?

フルスクリーンモードとは、リボンや数式バーを非表示にして全画面表示にするモードのことです。

フルスクリーンモードをオンにすると余計な表示がなくなるので、発表する時などに利用される機能かと思います。

フルスクリーンモードのオンとオフを切り替えるコード

フルスクリーンモードのオンとオフを切り替えるには、DisplayFullScreenプロパティを変更します。

DisplayFullScreenプロパティがTrueであればフルスクリーンモードをオンにし、Falseであればフルスクリーンモードがオフになります。

以下のコードでは引数にbool型でdisplayFlagを取るようにしています。この引数の値をDisplayFullScreenプロパティにセットすることで、表示と非表示を切り替えるようにしています。

        public static void DisplayFullScreen(bool displayFlag)
        {
            Globals.ThisAddIn.Application.DisplayFullScreen = displayFlag;
        }

フルスクリーンモードをオンにするには

上記の関数を使用してフルスクリーンモードをオンにするには、trueを引数にセットして呼び出します。

ThisAddIn.DisplayFullScreen(true);

フルスクリーンモードをオフにするには

上記の関数を使用してフルスクリーンモードをオフにするには、`falseを引数にセットして呼び出します。

ThisAddIn.DisplayFullScreen(false);

ソースコード全文

ソースコード全文は以下のgithubリポジトリに格納しています。

コンパイルすれば動作しますので、Visual Studioをお持ちの方は遊んでみてください。

https://github.com/harus0313/cliesx


コメント

タイトルとURLをコピーしました