カテゴリー
VBA

VBAでハッシュテーブルを実装する

ハッシュテーブルは、キーと値の組み合わせを複数個格納して、キーを使って素早く値を取り出すデータ構造です。

これをVBAで実装する方法を紹介します。

0. ハッシュテーブルを使うと、どんなメリットがあるの?

コード量が少なくなり、処理速度が早くなるかもしれません。たとえば、

Type KeyValueType
    Key As String
    Value As String
End Type

Dim KeyValue() As KeyValueType

こんな変数があったとして、KeyをベースにValueを取得する場合、配列だと添字の最初から最後までループでまわしてIF文で判定するようなロジックが考えられますが、ハッシュテーブルを使うと1行で実装できます。

1. ハッシュテーブルオブジェクトの定義

VBAでハッシュテーブルを実装するには、Scripting.Dictionary オブジェクトを使用します。

Dim HashTable            As Object
Set HashTable = CreateObject("Scripting.Dictionary")

2. Add メソッドで値を登録

Add メソッドを使用してハッシュテーブルに値を登録します。

HashTable.Add Key, Value

Key と Value を引数にセットして、ハッシュテーブルに登録します。

HashTable.Add “Apple”, “100”

このようにすると、「Apple」というキーで「100」という値をハッシュテーブルに格納します。

3. ハッシュテーブルから値を取得する

Value = HashTable(Key)

キーを引数にとって値を返します。簡単ですね。

Value = HashTable(“Apple”)

このようにすると、Valueには先ほど登録した「100」がセットされます。

4. キーの存在チェック existsメソッド

If HashTable.exists(key) Then
    '存在する
Else
    '存在しない
End If

Existsメソッドの引数にキーをセットして呼び出すと、存在チェックができます。

HashTable.exists(“Apple”)

このようにすると、”Apple”はキーとして登録済みですので、Trueが返ります。

5. 公式ドキュメント

https://docs.microsoft.com/en-us/office/vba/language/reference/user-interface-help/dictionary-object

作成者: はるお@ライフハックITプレゼンター

仕事や生活がラクになるアプリ・ツールを開発・提案します。社内講師、開発ツール導入、自部品製造・営業購買経理システム開発経験、RPA導入。応用情報技術者、C#,TypeScript,COBOL,PL/SQL,VBAなど。全工程(要件定義〜運用保守)。海外出張経験🇲🇽🇨🇳。1児👧1匹🐱の父。

ご意見など御座いましたら、コメント欄または Twitterまで頂けると幸いです。

詳しいプロフィールはこちら。

https://usefuledge.com/profile-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。