ハッタリの流儀 読んでみました。

堀江貴文さんの著書 ハッタリの流儀 を読んでみました。

いろいろネタバレもありますので、しっかり本で読みたいという方は、この記事は読まないでください。

ハッタリとは

以下、本書の内容を抜粋したものです。

  • ハッタリとは、出来ると言い切って、それを実現するために努力して、辻褄を合わせること

  • 何事も、できる、と言い切って、やります、と即答して、それを実現するために努力して、そこに積み上がった実績が信用になる。

  • 労働=やらされている仕事はオワコン。誰もやらなかった遊びが仕事になる

  • 一億総評論家時代にボケは重要。

  • バカ丸出しで夢を追いかける過程が最高のエンターテイメント

あまり詳細には書けませんが、私が印象に残った文章です。本当はもっとたくさんありますが、これくらいにとどめておきたいと思います。

労働について思うこと

労働はオワコンと書かれていますが、確かにやらされ仕事は本当に辛いものがあります。こんなの誰の役に立つんだとか、無駄な管理作業増やしてんじゃねぇよ、とか。仕事をしていると感じることがたくさんあります。

仕事というのは会社の中の一従業員として働くわけですので、集団社会です。会社のピラミッドを維持させるために、やりたくないけど、やらないといけないことがあるのは事実だと思います。(これはサラリーマンとして働いている場合ですね)

そういう風に感じている作業に対して、どうやって面倒な仕事をやらずに終わらせられるか、これを考えて実現させることができれば、少し殻を破れるのではと思います。

無駄な管理作業であれば自動化させる方法は無いか、問い合わせが多いシステムであれば、説明資料を公開して問い合わせを減らせないか。

そこにも「努力」があるのだと思います。

努力について

努力はコスパがいい、と本書にも書かれています。誰もあまり努力をしない。60点ほどで終わらせる人がほとんど。120点を目指す人なんてほとんどいない。

確かにそうで、やらされ仕事なんてやりたくないことばかりですから、真剣に取り組もうと思わない人が多いでしょう。

一生この会社で、この役職で、安い給料で定年まで働こうと思っていたら、努力なんてしないと思います。昇進したいという気持ちがあれば、それなりに努力していく原動力になると思いますが、そんな気持ちがなければ、努力する意味がありません。

好きだと思えることにしか、人間は努力できないようになっています。

好きだと思えること?

好きなこと、というのは人それぞれです。釣りが好きだったり、走ることが好きだったり。ゲームが好きだったり、料理が好きだったり。

私が好きなことは、プログラムを書いてアプリを作って、誰かの役にたって、ありがとうと言ってもらえることです。誰も考えもしなかったシステムを低価格で導入して、人の仕事をラクにさせることです。

あとは猫と遊ぶのが大好きですね。猫といると嫌なことを忘れてしまいます。こうしてブログを書いているときも、可愛い姿で寝ているのを見るだけで癒されます。

猫が好きかどうかも人それぞれですが、猫好きな人といろいろな場面で関わっていきたいと思っています。

今の猫を飼い始めたのも、妻が猫好きだったから、ということがそもそもの始まりでした。私自身は猫動画を見るくらいなもので、猫を飼おうと思っていませんでしたが、妻から飼うことを持ちかけられ、すぐに「いいよ」と返答したことで、今の愛猫がいます。

あまり難しく考えずに、いろんなことやってみる、というのは大切です。

楽しそうだと思うことは、すぐにやる

猫を飼うときは、トイレや身の回りの掃除だったり、病院に連れていったり、いろいろ手がかかるだろうと思っていました。実際に手がかかります。しかし、それを全く苦痛に感じたことはありません。

会社でのシステム開発も一緒で、やる前はどんな風にプログラムを組んでいこうか悩みますが、一つ一つを細かく細分化していけば、大抵のシステムは作れます。

やる前から、やりたくないとか、やめようとか考えるのは、本当にもったいないことです。

自分の中でもアイデアが浮かぶことがあります。会社にCMSを導入してすぐに情報を得られるようにしたり、問い合わせの工数を削減させられたらいいのに、と思うことがあります。

これを上司に持ちかけても、誰も使ってくれないよ、とのってくれないこともあります。腹が立ちます。

会社の中での個人

会社ですから集団社会にふさわしい行動が求められます。会社の中にシステムを立てるということは、会社の資源を使うということですので、上司を説得させる必要があります。

その上司というのが、まぁ選べない。イケハヤさんもツイートしているように、クソ上司もいます。

そんなときは、会社ではなく個人でやってしまおうと考えるようにしています。会社の中での実績なんて、その会社を退職してしまえば、なくなってしまいます。

個人で頑張って個人の名前で実績を積み上げることができれば、それは一生モノです。

上司とそりが合わなかったり、今の仕事に満足していなければ、生活出来るだけの収入を得ることだけを目的に働いて、さっさと家に帰って、個人の実績を積み上げる方がいいです。

やりたいことを、やる方が楽しいに決まっています。

やりたいことを掲げ、その実現に向けてガムシャラに努力する過程をSNSで垂れ流し、必ず実現させて、自分個人としての実績=信用を積み上げていきたいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。