カテゴリー
TypeScript

TypeScript で オブジェクトの型定義を行う

TypeScript のメリットの1つに型定義があります。型を指定すればそれに付随する関数やプロパティの入力補完ができるようになります。

ここでは、オブジェクトの型定義の方法について紹介します。

1. interface でオブジェクトのメンバーと型を定義する

interface でオブジェクトのメンバーと型を定義することができます。ただし、実際の変数の宣言ではないため、値の設定などはできません。

たとえば、Movie というインタフェースを以下のとおり宣言してみます。


interface _IMovie {
    title: string,
    year: number,
    info: {
        actors: string[],
        country: string
    }
}

_IMovieというインタフェースは、以下のメンバーを持ちます。

  • title: 文字列
  • year: 数値
  • info: オブジェクト

infoは以下のメンバーを持ちます。

  • actors: 文字列配列
  • country: 文字列

2. インタフェースを指定して変数を宣言する。

さきほど作成した _IMovie インタフェースを利用して、movieという変数を宣言します。


let movie: _IMovie;

こうすることで、メンバーの自動補完ができるようになります。

3. インタフェースを指定して変数配列を宣言する。

さきほど作成した _IMovie インタフェースを 配列として利用して、moviesという配列変数を宣言します。


let movies: _IMovie[];

こうすることで、moviesを配列の変数として使用することができます。


movies.push({
    title: "abcde",
    year: 2019,
    info: {
        actors: ["aa", "bb"],
        country: "Japan"
    }
})

4. TypeScript の interface の公式ドキュメント

interface に関する公式ドキュメントは以下にあります。

https://www.typescriptlang.org/docs/handbook/interfaces.html

作成者: はるお@ライフハックITプレゼンター

仕事や生活がラクになるアプリ・ツールを開発・提案します。社内講師、開発ツール導入、自部品製造・営業購買経理システム開発経験、RPA導入。応用情報技術者、C#,TypeScript,COBOL,PL/SQL,VBAなど。全工程(要件定義〜運用保守)。海外出張経験🇲🇽🇨🇳。1児👧1匹🐱の父。

ご意見など御座いましたら、コメント欄または Twitterまで頂けると幸いです。

詳しいプロフィールはこちら。

https://usefuledge.com/profile-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。