新しいことを学ぶときは積極的にお金を使った方がいい

最近はインターネットで検索すれば何でも情報が出てきますね。プログラミングでも英語でも、ちょっとしたナレッジならすぐに得られるようになりました。

しかし、実際にお金を払って本を買ったりオンライン講座を受講する方が何倍も短期間で体系的に知識を習得することができます。

この記事では、新しいことを学ぶときはネット検索で得られる無料の情報ではなく、お金を払って本や講座を受講した方が良いということを主張していきます。

本は、その道のプロが書いていて、編集者によるチェック・校閲が行われている

1冊の本ができるまでの流れをご存知でしょうか?世の中に流通している本は、以下のような段階を踏んで出来上がっています。

  1. 出版社の編集者が企画を立案する
  2. 執筆者に原稿を依頼する
  3. 本のレイアウト・デザインを決める
  4. 著者・編集者・校正者によるチェック

企画の段階から、たくさんの人にレビューを受けて作成されます。著者・編集者・校正者によるチェックは、1度ではなく、2度、3度と行われます。本は多くの人が関わって出来上がるものですから、品質は自ずと高いものが出来上がります。

ネット検索は、自分が知りたいと思った情報しか得られない

インターネット検索では、必ず検索キーワードを入力します。この検索キーワードは、自分が知りたいと思った内容からしか生まれません。そのため、ネット検索は、自分が知りたいと思った情報しか得られません。

一方、本や講座であれば、テーマに沿った知識を体系的に学ぶことができます。必要な知識をセットにして提供していますので、自分が知らないことも、そのセットの中に含まれていれば、知ることができます。

本やメジャーなオンライン講座なら低価格

誰が書いたか分からない情報商材なら1つ10万円のような価格設定されているものも存在しますが、メジャーな出版社やオンライン講座のものであれば、数千円から購入することができます。1つ10万円も出して不確かな情報を得るよりは、数千円の書籍をいくつも購入して、多角的に正しい情報を得るようにする方が、効率的で経済的で、いろいろなメリットがあります。

欲しい情報が明確で単純であれば、ネット検索が優位。

例えば、プログラミングのクラス・メソッドの使い方であれば、わざわざ本を引っ張り出して索引を調べるのは時間がかかります。

そういうときは手早くネット検索で調べる方がかなり効率がいいです。

インターネットは誘惑がいっぱい

TwitterやinstagramなどのSNS、面白そうな漫画を宣伝しているネット広告など、インターネット上は誘惑でいっぱいです。これでは、気が散って効率よく知識を得ることができません。本や講座であれば、広告もありませんので、その知識習得のテーマに集中することができます。

自分の知識の範囲を広げたいなら本やオンライン講座を受講しよう

本やオンライン講座は多くの人が関わって出来ているものですので、体系的にまとめられていて、申し分ない確かな知識を得ることができます。

ネット検索で表面的な知識を得るだけでなく、書籍やオンライン講座で体系的な知識を得て行きましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。