朝活のメリット

早起きは三文の徳といいますが、朝活すると健康にもいいし勉強や仕事が捗ります。
今回は朝活のメリットについて紹介します。

朝は集中力が最も高いゴールデンタイム

朝は午後よりも集中力を高く保つことができます。なぜかというと、朝起きてしっかり朝ご飯を食べると
脳が目を覚まします。そして体の様々な器官に対してスイッチを入れていきます。このとき、まだ体は
疲れを感じていませんので、しっかり集中して仕事や勉強に取り組むことが出来るのです。

昼ごはんを食べると眠たくなって集中力が低下するという体験をした人が多いと思います。
これは、昼ごはんをお腹いっぱい食べると「気だるさ」を感じて集中力が低下することが原因です。
また、14時頃に眠たくなるのは「アフタヌーンディップ」と言われ、昼ごはんを食べても食べていなくても
眠たくなるそうです。

「14時頃に眠くなる人」が知らない睡魔の正体(東洋経済ONLINE)

そのため、朝は一日の中で集中力を一番高く保てることができますので、難しい仕事や勉強に取り組む
時間に充てるべきだと考えており、午前中を寝て過ごすことは、一日を無駄にしているとも言えます。

自分の時間を作れる

朝にプライベートな時間を作れると、会社での仕事以外の活動時間に充てることができます。
会社員はどうしてもプライベートな時間を作ることができません。特に平日はその傾向が高くなります。
しかし、朝早めに起きてご飯を食べると、出勤時間まで自分の時間として使うことができます。
朝早いと外出している人もあまりいませんので、静かにジョギングするのもいいでしょう。
家族がまだ起きていなければ、家の中で執筆活動や資格勉強、プログラミングするのもいいと思います。

会社の中でも家の中でも、誰かが居ると声をかけられ、雑談したり質問されたり、自分の時間を削られてしまいますよね?

一方で朝活をするとみんなまだ寝ています。誰もいないということは、邪魔されるものが無いということですので、
自分だけの空間として使用することができます。

どうやって朝型の生活リズムにするの?

朝型の生活リズムにする方法は、まず早く寝ることから始めるべきだと思います。
毎日深夜0時や1時に寝ている人は、思い切って夜10時くらいに寝てみましょう。
そうすると、朝4時か5時30分頃に一度目が覚めるはずです。

なぜかというと、人の睡眠サイクルに影響しています。人はレム睡眠とノンレム睡眠を90分周期で
繰り返しますので、90分周期で起きやすいタイミングがやってきます。

夜10時に寝ると、6時間後(90分×4)は4時、7時間半後(90分×5)は5時30分です。
そのため、4時か5時30分に目が覚めるはずです。

次に、朝起きたらシャワーを浴びましょう。暖かいシャワーを浴びることで一気に目が覚めます。

最後に朝ご飯をしっかり食べれば、朝活するための準備はばっちりです。あまり冷たいものは摂らず、
暖かいスープやご飯を食べましょう。体を内側から温めることで体がしっかり起きてきます。

俺の生活リズム

簡単に俺の生活リズムを紹介しておきます。

  • 5:00 起床
  • 5:00 ~ 6:00 シャワー、食事
  • 6:00 ~ 7:00 プログラミング
  • 7:00 ~ 7:30 出勤準備
  • 7:30 ~ 8:00 出勤
  • 8:00 ~ 17:30 仕事
  • 17:30 ~ 18:00 退社
  • 18:00 ~ 18:30 筋トレ
  • 18:30 ~ 19:30 夕食
  • 19:30 ~ 20:00 風呂
  • 20:00 ~ 22:00 テレビ・読書
  • 22:00 ~ 5:00 睡眠

22時に寝て5時って90分サイクルになってないじゃん、というツッコミがありそうですが・・・。
これには理由があり、7時間以上は寝ないと集中力が低下します。7時間未満では睡眠不足になり、
記憶力の低下を招きます。
そのため、ギリギリの7時間を確保しているのです。

朝早く起きるには自分のビジョンを明確にする必要がある

朝早く起きてもやることが無ければ、寝て終わってしまいます。朝なにをやるか明確になっていると
睡魔に打ち勝ち、起床することができるのです。

ビジョンとは、自分が将来なりたい姿であり、目指すべき姿です。
ビジョンを明確にする方法をこのブログでも書いていますので、ぜひ読んでみてください。

自分のビジョンを明確にしよう(usefuledge.com)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です