Javascript で簡単にゼロ埋めやスペース埋めする関数

帳票やデータフォーマットの成形を行っていると、やりたくなるのが、数値のゼロ埋めや文字列のスペース埋めです。

簡単にゼロ埋めやスペース埋めをする関数を作成しましたので紹介します。

文字列の末尾にスペースを埋める

    function spacePadding(val, len){

        for(var i = 0; i < len; i++){
            val = val + " ";
        }

        return val.substr(0,len);

    }
  • 引数に val(スペース埋めしたい値) と len(スペース埋め後の文字数) を設定します。
  • スペース埋めされた文字列を返却します。

数値の先頭にゼロを埋める

    function zeroPadding(val, len){
        for(var i = 0; i < len; i++){
            val = "0" + val;
        }

        return val.slice((-1)*len);

    }
  • 引数に val(ゼロ埋めしたい値) と len(ゼロ埋め後の文字数) を設定します。
  • slice()を使用し、ゼロ埋めされた文字列を返却します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。