\

英語版 Windows serverを日本語化する方法

AWS EC2ではWindows Serverを起動できますが、英語版しかありません。日本語を処理するには、日本語化が必要です。

この記事では、英語版のWindows Serverを日本語化する方法を紹介します。

0. この記事のまとめ

日本語化は以下のステップでOKです。

  1. タイムゾーンの変更

  2. 日本語パックのインストール

  3. 英語入力(USキーボード)の無効化

  4. コマンドプロンプト、PowerShell の日本語化

1. タイムゾーンを日本に変更する。

日本のタイムゾーンは(UTC +9:00) Osaka, Sapporo, Tokyo ですので、これに変更しましょう。

Setting → Time & Language → Date & Time を表示します。

Time Zone の 設定画面が表示されますので、(UTC +9:00) Osaka, Sapporo, Tokyo に変更します。

正しい日本時間に変更されれば成功です。

2. 日本語パックのインストール

日本語パックをインストールすると、ほぼ日本語化できます。

Setting → Time & Language → languages を表示します。

Add a language を選択し、Japanese を選択します。

Next をクリックすると、音声データや音声認識、手書き認識システムをインストールするか確認画面が表示されますので、必要なものを選択してインストールします。

インストール完了後、再起動すると、日本語表示に切り替わると成功です。

3. 英語入力(USキーボード)の無効化

日本語パックをインストールすると、日本語入力IME も一緒にインストールされます。

英語入力するときは日本語入力IMEの日本語入力をオフにすればいいので、英語入力(USキーボード)は不要になります。

むしろ、英語入力(USキーボード)がオンになっていると日本語入力ができないので、不便を感じると思います。

よって、英語入力(USキーボード)を無効にしましょう。

無効化するには、画面右下のタスクバーから言語入力をクリックして、「言語設定」をクリックします。

English(United states)の言語パックがデフォルトでインストールされていますので、これをアンインストールします。

これで、英語入力(USキーボード)が無効になり、日本語入力だけになります。

4. コマンドプロンプト、PowerShellの日本語化

コマンドプロンプトや PowerShellで日本語を表示しようとすると、文字化けします。

これは、「Unicode対応ではないプログラムの言語」の設定が日本語になっていないことが原因です。

この設定を変更するには、「コントロールパネル」から「地域」を開きます。

「管理」タブを表示し、「Unicode対応ではないプログラムの言語」から「システムロケールの変更」をクリックします。

「日本語(日本)」を選択して「OK」をクリックします。

再起動を促されますので、再起動します。

コマンドプロンプトや PowerShellを起動して、日本語が表示されれば成功です。

コメントシステムを導入しました!コメント頂けると嬉しすぎて、光の速さで返信します(●´ω`●)

ExecNote.app リリースしました!

ExecNoteは、コードが実行できるMarkdownアプリケーションです。Markdownドキュメント内に記載したコードをクリックすると実行ができます。わざわざターミナルを 起動させる必要がありません!無料ですのでもしよければダウンロードをお願いします。

About Me

11年目のシステムエンジニアです。アプリで生活や仕事を改善したい🐱仕事効率化、自動化のアプリ開発が得意です、ご相談ください。 🚀エンタメ系アプリの開発も模索中🐬社内SEや個人アプリ開発者、システムエンジニアになりたい人と繋がりたい🐱