\

ExcelVBAは覚える必要なし!書き方が分からなくなったら「マクロの記録」を使用してコードを自動生成しよう

ExcelVBA使ってますか?VBAはExcelを自動化できるプログラミング言語です。

VBAがスラスラ書ければ上司や同僚から羨望のまなざしで見られること間違いなしですが、
なかなか覚えることは難しいです。

しかし、ExcelVBAはほとんど覚える必要はありません。
セルの書式設定を変えるとか、罫線の引き方とか、そんなコードは覚えなくていいんです。

この記事では、ExcelVBAのコードを生成する方法を紹介します。

ExcelVBAコードの自動生成は「マクロの記録」を使おう

Excelの標準機能で「マクロの記録」という機能が最初から使えます。
この機能を使えば、Excelの操作がすべてコードに変換されます。

マクロの記録機能を使うには、開発タブの「マクロの記録」を押すか、

Excelマクロの記録(開発タブ)

画面左下にあるこのボタンをクリックしましょう。

Excelマクロの記録(左下)

この画面が表示されたら、マクロ名を入力して、OKボタンをクリックすると記録が開始します。

マクロの記録画面

マクロの記録を終了させるには、以下のボタンをクリックしましょう。

マクロの記録終了ボタン(開発タブ)

マクロの記録終了ボタン(左下)

セルの色の変更するVBAコードの生成

セルの色を変更する方法が分からなければ、マクロの記録でコードを生成してみましょう。

マクロの記録画面を表示し、マクロ名を設定してOKボタンをクリックします。

マクロの記録(セルの色を変更する)

その後、セルの色を変更します。

Excelセルの色を変更

最後に、「記録終了」をクリックしましょう。

Excelマクロの記録終了

VBAコードを確認する

このようにVBAコードが生成されています。

VBAコード確認

今回はセル「B3」の色を変更してみました。ただ、このコードでは、選択されているセルに色を付けるコードしか含まれていません。
そのため、このマクロを実行すると、現在選択されているセルの色が変わります。

マクロを実行する方法

マクロを実行するには、「開発」タブの「マクロ」をクリックします。

マクロ実行ボタン

「セルの色を変更する」マクロを選択し、「実行」ボタンをクリックしてみましょう。

マクロ実行画面

B3ではなく選択したセルの色が変更されました。

セル色変更確認

ExcelVBAはほとんど覚える必要なし

Excelは基本的な文法を知っておくだけで、他は覚える必要はありません。

ただし、複雑なアプリケーションであったり、OutlookやAccessなど他のOffice製品との連携など、マクロの記録が使えない場合がありますので、そんなときは、コードの書き方を覚える必要があります。

Excelツール作成の外注を検討してみませんか?Excel関数やVBAで3日以内にアプリ開発します

私はシステムエンジニアとして10年以上の実績があり、ExcelVBAを用いたアプリケーション開発の実務経験があります。

小規模のアプリケーション開発であれば3日以内で納品します。ぜひ検討してみてください。

詳細はこちらをご覧ください

https://usefuledge.com/appdev

About Me

11年目のシステムエンジニアです。アプリで生活や仕事を改善したい🐱仕事効率化、自動化のアプリ開発が得意です、ご相談ください。 🚀エンタメ系アプリの開発も模索中🐬社内SEや個人アプリ開発者、システムエンジニアになりたい人と繋がりたい🐱