Typescript で開発している人は watch オプションが便利

TypeScript ソースコードはそのままでは実行できません。 tsc コマンドでコンパイルし、
Javascript コードに変換する必要があります。

しかし、コードを変更するたびに tsc コマンドを実行して、内容確認して、とやるのは
本当に面倒ですよね。

今回は、tsc の watch コマンドを使用して、ソースコードが変更されるたびに
自動的にコンパイルしてくれるような設定方法を紹介します。

1. まず、tsconfig.json ファイルを準備する

tsc --init コマンドを実行して、tsconfig.json ファイルを生成します。

この中から、outDir, rootDir, include, exclude を編集します。

  • outDir : コンパイルされた Javascript ソースコードが出力されるフォルダ
  • rootDir : TypeScript ソースコードを配置するフォルダ
  • include : コンパイルする TypeScript ソースコードに含めるファイルやフォルダ
  • exclude : コンパイルする TypeScript ソースコードに含めないファイルやフォルダ

tsconfig.json 設定例


{
  "compilerOptions": {
      ...
    "outDir": "./dist/",                        /* Redirect output structure to the directory. */
    "rootDir": "./src/",                       /* Specify the root directory of input files. Use to control the output directory structure with --outDir. */
      ...
  },"include": [
    "src/**/*.ts"
  ],
  "exclude": [
    "node_modules",
    "**/*.spec.ts"
  ]
}

package.json で npm スクリプトに登録

npm run watch で TypeScript を自動的にコンパイルするように設定します。

tsc -w コマンドを実行しているだけです。


{
  ...
  "scripts": {
    ...
    "watch": "tsc -w"
    ...
  },
  ...
}

実行例

設定は以上ですので、実行してみます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です