\

ExcelVBA カラーダイアログを表示して色を選択させる方法

ExcelVBAでは、セルや文字の色をセットすることもできますが、色をコード上で指定する必要があります。

この記事では、ExcelVBAでカラーダイアログを表示し、ユーザーに選択してもらった色をセットする方法を紹介します。

0. この記事のまとめ

カラーダイアログを表示して、選択した色を取得するには、以下のコードを使用します。

1
2
Application.Dialogs(xlDialogEditColor).Show (1)
intresult = ActiveWorkbook.Colors(1)

以下のコードで、カラーダイアログから選択された色を、セルにセットします。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Application.Dialogs(xlDialogEditColor).Show (1)
intresult = ActiveWorkbook.Colors(1)

With Selection.Interior
.Pattern = xlSolid
.PatternColorIndex = xlAutomatic
.Color = intresult
.TintAndShade = 0
.PatternTintAndShade = 0
End With

1. カラーダイアログを表示する方法

カラーダイアログとは、これのことです。

これを表示するには、以下のコードを使用します。

1
Application.Dialogs(xlDialogEditColor).Show (1)

2. カラーダイアログに入力した色を取得する方法

上記のコードで指定された色を取得するには、以下のコードを使います。

1
intresult = ActiveWorkbook.Colors(1)

変数 intresult は、int型です。

3. 選択したセルに色をセットする。

選択セルは、Selectionオブジェクトから取得できます。

Selection.Interior.Color に先ほど取得したintresult をセットすることで、セルの色を設定できます。

1
2
3
4
5
6
7
With Selection.Interior
.Pattern = xlSolid
.PatternColorIndex = xlAutomatic
.Color = intresult
.TintAndShade = 0
.PatternTintAndShade = 0
End With

コメントシステムを導入しました!コメント頂けると嬉しすぎて、光の速さで返信します(●´ω`●)

ExecNote.app リリースしました!

ExecNoteは、コードが実行できるMarkdownアプリケーションです。Markdownドキュメント内に記載したコードをクリックすると実行ができます。わざわざターミナルを 起動させる必要がありません!無料ですのでもしよければダウンロードをお願いします。

About Me

11年目のシステムエンジニアです。アプリで生活や仕事を改善したい🐱仕事効率化、自動化のアプリ開発が得意です、ご相談ください。 🚀エンタメ系アプリの開発も模索中🐬社内SEや個人アプリ開発者、システムエンジニアになりたい人と繋がりたい🐱