ExcelVBAで「選択範囲内で中央」にする方法

ExcelVBAで「選択範囲内で中央」をコードで書く方法について、紹介します。

0. この記事のまとめ

選択セルの中で「選択範囲内で中央」をやる場合、

Selection.HorizontalAlignment = xlCenterAcrossSelection

このように、HorizontalAlignmentプロパティにxlCenterAcrossSelectionをセットすることで実現できます。

「選択範囲内で中央」とは?

「選択範囲内で中央」にすると、セルを結合していなくても、複数セルの間で中央に配置することができます。

  • 「選択範囲内で中央」設定前

  • 「選択範囲内で中央」設定後

HorizontalAlignmentプロパティ

HorizontalAlignmentは、Rangeオブジェクトのプロパティです。

これにxlCenterAcrossSelectionをセットすることで、「選択範囲内で中央」が実現できます。

公式ドキュメントはこちら↓

https://docs.microsoft.com/en-us/office/vba/api/Excel.Range.HorizontalAlignment

選択したセルで中央にするには、以下のコードになります。

Selection.HorizontalAlignment = xlCenterAcrossSelection

補足:元に戻す(左寄せ)にするには?

元に戻す(左寄せ)にするには、xlLeftをセットします。

Selection.HorizontalAlignment = xlLeft

補足2:1つのセルの中で中央にするには?

1つのセルの中で中央にするには、xlCenterをセットします。

Selection.HorizontalAlignment = xlCenter

補足3:セルを結合するには?

RangeオブジェクトのMergeCellsプロパティにTrueをセットします。

Selection.MergeCells = True

\ シ ェ ア お ね が い し ま す ! ! /

目次