ブログなどのコンテンツ・マーケティングでは売り込みをしてはいけない

ブログなどのコンテンツ・マーケティングでは売り込みをしてはいけない

インターネットを検索しているとあからさまに売り込みをしているサイトをよく見かけますが、場合によっては逆効果になることもあります。

この記事では、ブログなどのコンテンツマーケティングで売り込みをしてはいけない理由を紹介します。

1. ユーザーが本当に欲しいものではない場合、嫌悪感につながる

ちょっとした調べ物がしたいだけたどり着いたサイトで、製品や本などの宣伝をされたら、あなたはどう思うでしょうか。鬱陶しいと思ったり、白けたりしないでしょうか。

ユーザーが購入したいと思う場合は、商品の紹介文をしっかり読んでくれますが、そうではない場合は嫌悪感につながります。また、そのように感じたサイトは次からは避けてしまうかもしれません。

2. コンテンツは、売り込みの場所ではない。知識欲を高めて楽しませる場所

ブログやTwitterやInstagramなどは、知識を高めて楽しませる場所です。読み手を楽しませないと、良いコンテンツではありません。

読み手の抱えている課題を解決するコンテンツや、読み手がまだ知らない知識を与えて知的好奇心を高めるコンテンツであれば、そのコンテンツは人気になりファンができると思います。

3. 行動を促すコンテンツができているか

コンテンツに興味を持ってくれた読み手を実際の購入に繋げさせるために、行動を促すものを設置しましょう。具体的にはメルマガに登録させるためのメールアドレスの入力や、 SNSのフォローなどです。

このように「読み手が感じた興味」が、登録メールアドレス数やSNSフォロワー数となって現れることで、どれくらいのファンがいるか知ることができるようになります。

速攻でメモできる QuickNote リリースしました!

QuickNoteは動作が超軽量でサクサクかけるノートアプリです。一瞬の閃きを逃さずにノートを開き書き始めることができます。 アカウント登録も不要です。お試しあれ!

Excel操作をコマンドで! proBoarderExcel

Excelはマウスで操作するのが基本ですが、マウス操作に疲れてはいませんか? キーボードでExcel操作ができるようになるアプリです。オープンソースで無料です。

積み上げ! Daily Stack リリースしました!

Daily Stack は日々の積み上げを管理するToDoアプリです。過去の積み上げの振り返りだけでなく、ツイート機能もあります。 アカウント登録不要ですぐに使い始めることができます。

ExecNote.app リリースしました!

ExecNoteは、コードが実行できるMarkdownアプリケーションです。Markdownドキュメント内に記載したコードをクリックすると実行ができます。わざわざターミナルを 起動させる必要がありません!無料ですのでもしよければダウンロードをお願いします。

About Me

11年目のシステムエンジニアです。アプリで生活や仕事を改善したい🐱仕事効率化、自動化のアプリ開発が得意です、ご相談ください。 🚀エンタメ系アプリの開発も模索中🐬社内SEや個人アプリ開発者、システムエンジニアになりたい人と繋がりたい🐱