カテゴリー
インフラ 仕事効率化

ウェブサービス個人開発の初期にレンタルサーバーとPHPを選択する理由

個人開発の中でも、ウェブサービスを開発するという前提になりますが。開発初期段階では、レンタルサーバーとPHPという選択肢はかなり有効だと考えています。

この記事では、なぜレンタルサーバーとPHPの組み合わせが有効なのか、及び、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。

1. ランニングコストが安い

なんと言っても、レンタルサーバーはランニングコストが安いですね。クラウドで仮想サーバーを構築した場合、1ヵ月あたり1,000円から場合によっては10,000円を超えることもあります。

一方で、レンタルサーバーは1ヵ月130円から1,500円など、とても安く済みます。MySQLなどのデータベースも使用できますので、一般的な開発に十分使えるサービスになっています。

2. PHPの開発効率は高い

PHPは厳格な型定義がなく、比較的簡単なプログラム言語です。htmlと同じファイルの中にPHPスクリプトを直接書き込むことができ、簡単にサーバーサイドの処理を実装することができます。

また、PHPは情報量が多いので、インターネットで検索すればすぐに情報を得ることができます。CMSシステムとして良く知られているWordpressなど、PHPが使われているウェブシステムは数多くありますので、実績も情報も十分です。

PHPファイルをウェブサーバーに配置するだけで実行できますので、テストや環境構築も簡単です。

3. 開発初期は、早く稼働させて自分のアイデアが正しいのか検証するべき

自分の中で良いアイデアが浮かんだとしても、それが世間に受け入れられるかは分かりません。世間に受け入れてもらえるかどうかは、動くものを作って公開することが重要です。スライド資料や画像による説明ではなく、プロトタイプのウェブサービスを構築して一般公開して、意見をもらうことが重要です。

そのためにも、素早くウェブサービスを構築できるインフラとプログラム言語を持っていることが非常に重要になります。PHPとレンタルサーバーの組み合わせだと、PHPファイルをコーディングしてサーバーに配置するだけですぐに実行することができます。

PHPを使って開発されたウェブサービス

有名どころでは、Facebookの初期の頃にPHPを使用していました。これ以外にもブログシステムとして利用されているWordpressでも使われています。また、動画学習サイトのSchoo、クラウドファンディングのCAMPFIREでもPHPが使われています。

4.おすすめなレンタルサーバー

  • さくらインターネットのレンタルサーバー

さくらインターネットのレンタルサーバーはかれこれ3年以上使用しています。

https://www.sakura.ne.jp/?_ga=2.37923171.1101151846.1565477533-1651816086.1560945349

44万件がさくらインターネットのレンタルサーバーを利用しています。プランは6種類あり、最安値で月額129円(年間1,543円)

から利用可能です。SSHやMySQLを利用するには、スタンダード(月額515円)以上が必要です。

各プランの比較は以下のページにあります。

https://www.sakura.ne.jp/plans.html

カテゴリー
aws インフラ

AWS S3 Cloudfront で Webページを gzip 圧縮して配信する方法

Google Page Speed Insight (https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/)
の点数をあげたらSEO的にいいこあるかな?という不確かな淡い期待を胸に、計測をしてみたら、

gzip 圧縮して配信したら早くなるよっ!

とアドバイスを頂きましたので、 AWS S3 + Cloudfront で gzip 圧縮して配信する方法を書いてみたいと思います。

ちなみに、Cloud Front で自動的に gzip 圧縮してくれますので、設定をポチポチ変更していくだけで完了します。

まず、CloudFront の設定画面をひらきます。

そうそう、こんな画面ですね。

次に、上のタブから「Behavior」をクリックします。

これですね。

変更したい Behavior にチェックを入れ、「Edit」をクリックします。

Compress Objects Automatically を Yes にします。

「Yes, Edit」をクリックして、設定を更新します。

「Invalidators」 から、CDNを更新します。

更新が終わったら、Chrome の Network タブから、gzip で配信されていることを確認します。

以上です。

カテゴリー
Docker インフラ

windows 10 Home に Docker ToolBox をインストールして、Kitematic を使う方法

CouchDBが使ってみたかったので、以下の手順を説明します。

  1. Docker ToolBox for windows のダウンロードとインストール

  2. docker run hello-world 確認

  3. Kitematic の起動と CouchDBイメージのダウンロード

  4. CouchDB起動と管理画面の表示

1. Docker ToolBox for windows のダウンロードとインストール

1.1 CPU仮想化が有効になっていることを確認する。

タスクマネージャを起動して、CPU仮想化が有効になっていることを確認します。

1.2. 以下のページからインストーラーをダウンロードします。

https://docs.docker.com/toolbox/overview/

インストールオプションはデフォルトでインストールしました。
インストールが完了すると、アイコンができると思います。

Docker Quickstart Terminal を起動します。以下のような画面が表示されれれば成功です。

ここで、Docker Terminal画面が表示されない場合は、bash.exe のパスが間違っている可能性があります。ここで指定するbash.exeは、Windows Subsystem for Linux のbash.exe ではなく、Git に同梱されている bash.exe です。

2. docker run hello-world 確認

docker toolbox terminal から、以下のコマンドを実行します。


$ docker run hello-world

以下のとおり表示されたら成功です。

3. Kitematic の起動と CouchDBイメージのダウンロード

スタートメニューに登録されたアイコンから、Kitematic を起動します。

最初にログイン画面が表示されると思いますので、ユーザー名とパスワードを入力してログインします。

ログインに成功すると以下の画面が表示されます。

今回は CouchDB がインストールされたサーバーの Docker イメージが欲しいので、CouchDBを検索します。

CREATE ボタンをクリックして、イメージをダウンロードします。

一通りダウンロードが完了して起動すると、以下のような画面になります。

4. CouchDB起動と管理画面の表示

CouchDB の管理画面は、DOCKER 側の 5984/tcp ポートでLISTENしています。これは、192.168.99.100:32769 で表示ができますので、ブラウザからアクセスしてみます。

これだと何のことかわかりませんが、実際の管理画面のURLは /_utils/ になりますので、

http://192.168.99.100:32769/_utils/

にアクセスしてみます。

こんな風に表示されたら成功です。