TypeScript で バッチジョブを開発するときのボイラープレート

TypeScript を使用していますか? 私はTypeScriptを愛用しています。理由としては、

  1. Node モジュールを使用できるためかなり効率よく開発が進むこと
  2. ソースコードの自動補完機能があること
  3. 型定義されているためソースコードが分かりやすくなること

の3点です。

この記事では、TypeScript でバッチジョブを開発するときのボイラープレートを紹介します。

このボイラープレートが提供する機能

このボイラープレートは以下の機能を提供します。

  1. src ディレクトリにソースコードを配置
  2. dist ディレクトリ にコンパイル済み js ファイルを出力
  3. tsc --watch によるソースコードの自動コンパイル
  4. @types/node のインストール

各種ファイルダウンロード

下準備1:typescript をインストールする

TypeScript のインストールが未だの場合は、インストールしましょう。

 npm install -g typescript

下準備2:package.json を作成する

まず、npm init -y で package.json を作成しましょう。

  D:\ts-batch-boilar>npm init -y
  Wrote to D:\ts-batch-boilar\package.json:
  {
    "name": "ts-batch-boilar",
    "version": "1.0.0",
    "description": "",
    "main": "index.js",
    "scripts": {
      "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
    },
    "keywords": [],
    "author": "",
    "license": "ISC"
  }

下準備3:tsconfig.json を作成する

次に、tsconfig.json を作成します。

D:\ts-batch-boilar>tsc --init
message TS6071: Successfully created a tsconfig.json file.

package.json を修正する

以下のように package.json を修正します。

  1. scripts に watch スクリプトを追加
  2. dependencies に @types/node を追加
    {
      "name": "ts-batch-boilar",
      "version": "1.0.0",
      "description": "",
      "main": "index.js",
      "scripts": {
        "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1",
        "watch": "tsc -watch"
      },
      "author": "",
      "license": "ISC",
      "dependencies": {
        "@types/node": "^12.0.4"
      }
    }

tsconfig.json を修正する

以下のように tsconfig.json を修正します。

  1. outDir にコンパイル先ディレクトリを指定
  2. rootDir にソースディレクトリを指定
  3. typeRoots に Node Modules の @types を指定
  4. include にコンパイル対象ソースを指定
  5. exclude にコンパイル対象外のソースを指定
    {
      "compilerOptions": {
        /* Basic Options */
        "target": "es5",                          /* Specify ECMAScript target version: 'ES3' (default), 'ES5', 'ES2015', 'ES2016', 'ES2017','ES2018' or 'ESNEXT'. */
        "module": "commonjs",                     /* Specify module code generation: 'none', 'commonjs', 'amd', 'system', 'umd', 'es2015', or 'ESNext'. */
        // "lib": [],                             /* Specify library files to be included in the compilation. */
        // "allowJs": true,                       /* Allow javascript files to be compiled. */
        // "checkJs": true,                       /* Report errors in .js files. */
        // "jsx": "preserve",                     /* Specify JSX code generation: 'preserve', 'react-native', or 'react'. */
        // "declaration": true,                   /* Generates corresponding '.d.ts' file. */
        // "declarationMap": true,                /* Generates a sourcemap for each corresponding '.d.ts' file. */
        // "sourceMap": true,                     /* Generates corresponding '.map' file. */
        // "outFile": "./",                       /* Concatenate and emit output to single file. */
        "outDir": "./dist/",                        /* Redirect output structure to the directory. */
        "rootDir": "./src/",                       /* Specify the root directory of input files. Use to control the output directory structure with --outDir. */
        // "composite": true,                     /* Enable project compilation */
        // "removeComments": true,                /* Do not emit comments to output. */
        // "noEmit": true,                        /* Do not emit outputs. */
        // "importHelpers": true,                 /* Import emit helpers from 'tslib'. */
        // "downlevelIteration": true,            /* Provide full support for iterables in 'for-of', spread, and destructuring when targeting 'ES5' or 'ES3'. */
        // "isolatedModules": true,               /* Transpile each file as a separate module (similar to 'ts.transpileModule'). */
    
        /* Strict Type-Checking Options */
        "strict": true,                           /* Enable all strict type-checking options. */
        // "noImplicitAny": true,                 /* Raise error on expressions and declarations with an implied 'any' type. */
        // "strictNullChecks": true,              /* Enable strict null checks. */
        // "strictFunctionTypes": true,           /* Enable strict checking of function types. */
        // "strictBindCallApply": true,           /* Enable strict 'bind', 'call', and 'apply' methods on functions. */
        // "strictPropertyInitialization": true,  /* Enable strict checking of property initialization in classes. */
        // "noImplicitThis": true,                /* Raise error on 'this' expressions with an implied 'any' type. */
        // "alwaysStrict": true,                  /* Parse in strict mode and emit "use strict" for each source file. */
    
        /* Additional Checks */
        // "noUnusedLocals": true,                /* Report errors on unused locals. */
        // "noUnusedParameters": true,            /* Report errors on unused parameters. */
        // "noImplicitReturns": true,             /* Report error when not all code paths in function return a value. */
        // "noFallthroughCasesInSwitch": true,    /* Report errors for fallthrough cases in switch statement. */
    
        /* Module Resolution Options */
        // "moduleResolution": "node",            /* Specify module resolution strategy: 'node' (Node.js) or 'classic' (TypeScript pre-1.6). */
        // "baseUrl": "./",                       /* Base directory to resolve non-absolute module names. */
        // "paths": {},                           /* A series of entries which re-map imports to lookup locations relative to the 'baseUrl'. */
        // "rootDirs": [],                        /* List of root folders whose combined content represents the structure of the project at runtime. */
        "typeRoots": [
          "node_modules/@types"
        ],                       /* List of folders to include type definitions from. */
        "types": [
          "node"
        ],                           /* Type declaration files to be included in compilation. */
        // "allowSyntheticDefaultImports": true,  /* Allow default imports from modules with no default export. This does not affect code emit, just typechecking. */
        "esModuleInterop": true                   /* Enables emit interoperability between CommonJS and ES Modules via creation of namespace objects for all imports. Implies 'allowSyntheticDefaultImports'. */
        // "preserveSymlinks": true,              /* Do not resolve the real path of symlinks. */
    
        /* Source Map Options */
        // "sourceRoot": "",                      /* Specify the location where debugger should locate TypeScript files instead of source locations. */
        // "mapRoot": "",                         /* Specify the location where debugger should locate map files instead of generated locations. */
        // "inlineSourceMap": true,               /* Emit a single file with source maps instead of having a separate file. */
        // "inlineSources": true,                 /* Emit the source alongside the sourcemaps within a single file; requires '--inlineSourceMap' or '--sourceMap' to be set. */
    
        /* Experimental Options */
        // "experimentalDecorators": true,        /* Enables experimental support for ES7 decorators. */
        // "emitDecoratorMetadata": true,         /* Enables experimental support for emitting type metadata for decorators. */
      },
      "include": [
        "src/**/*"
      ],
      "exclude": [
        "node_modules",
        "**/*.spec.ts"
      ]
    }

src ディレクトリ と dist ディレクトリを作成する

src ディレクトリ と dist ディレクトリを作成します。

  • srcディレクトリは、ソースコード(tsファイル)を格納するフォルダです。
  • dist ディレクトリは、コンパイル済み js ファイルが出力されるフォルダです。

npm install で パッケージをインストールする

npm install でパッケージをインストールします。

以上

想定どおりの動作をしているか確認してみましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実践TypeScript【電子書籍】[ 吉井健文 ]
価格:3726円 (2019/7/23時点)

[

楽天で購入

](https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/18648e8b.7d833591.18648e8c.ed1bab3c/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F5456816fd8833397a6aa8b80647873ad%2F%3Fscid%3Daf_pc_bbtn&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fi%2F18341447%2F%3Fscid%3Daf_pc_bbtn&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxfQ==)

速攻でメモできる QuickNote リリースしました!

QuickNoteは動作が超軽量でサクサクかけるノートアプリです。一瞬の閃きを逃さずにノートを開き書き始めることができます。 アカウント登録も不要です。お試しあれ!

Excel操作をコマンドで! proBoarderExcel

Excelはマウスで操作するのが基本ですが、マウス操作に疲れてはいませんか? キーボードでExcel操作ができるようになるアプリです。オープンソースで無料です。

積み上げ! Daily Stack リリースしました!

Daily Stack は日々の積み上げを管理するToDoアプリです。過去の積み上げの振り返りだけでなく、ツイート機能もあります。 アカウント登録不要ですぐに使い始めることができます。

ExecNote.app リリースしました!

ExecNoteは、コードが実行できるMarkdownアプリケーションです。Markdownドキュメント内に記載したコードをクリックすると実行ができます。わざわざターミナルを 起動させる必要がありません!無料ですのでもしよければダウンロードをお願いします。

About Me

11年目のシステムエンジニアです。アプリで生活や仕事を改善したい🐱仕事効率化、自動化のアプリ開発が得意です、ご相談ください。 🚀エンタメ系アプリの開発も模索中🐬社内SEや個人アプリ開発者、システムエンジニアになりたい人と繋がりたい🐱