BlazorServerでリッスンポート番号を変更する方法

BlazorServerはデフォルトで http://localhost:5000 と https://localhost:5001 でリッスンしています。

このポート番号を変更する方法について紹介します。

IWebHostBuilder UseUrls を使う

Program.cs では、以下のとおりCreateHostBuilderが記述されています。

    public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) =>
        Host.CreateDefaultBuilder(args)
            .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder =>
            {
                webBuilder.UseStartup<Startup>();
            });

webBuilder.UseStartupのあとに.UseUrlsを使ってURLを指定します。

localhostのURLを1つだけ定義する

以下のように書くと、10111番ポートでhttpリクエストを受け付けます。

    public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) =>
        Host.CreateDefaultBuilder(args)
            .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder =>
            {
                webBuilder.UseStartup<Startup>()
                .UseUrls("http://localhost:10111");
            });

localhostのURLを2つ以上定義する方法

UseUrlsはString型配列を引数として持つことができますので、以下のように複数のURLを定義することもできます。

このように書くと、http://localhost:10111 と https://localhost:10112 の2つで受け付けることになります。

    public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) =>
        Host.CreateDefaultBuilder(args)
            .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder =>
            {
                webBuilder.UseStartup<Startup>()
                .UseUrls(new string[] {"http://localhost:10111", "https://localhost:10112"});
            });

外部ネットワークに向けてポートを解放する方法

URLをlocalhostではなくIPアドレスで指定すると、外部ネットワークに向けてポートを解放することもできます。

    public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) =>
        Host.CreateDefaultBuilder(args)
            .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder =>
            {
                webBuilder.UseStartup<Startup>()
                .UseUrls(new string[] {"http://192.168.2.112:10111", "https://192.168.2.112:10112"});
            });

速攻でメモできる QuickNote リリースしました!

QuickNoteは動作が超軽量でサクサクかけるノートアプリです。一瞬の閃きを逃さずにノートを開き書き始めることができます。 アカウント登録も不要です。お試しあれ!

Excel操作をコマンドで! proBoarderExcel

Excelはマウスで操作するのが基本ですが、マウス操作に疲れてはいませんか? キーボードでExcel操作ができるようになるアプリです。オープンソースで無料です。

積み上げ! Daily Stack リリースしました!

Daily Stack は日々の積み上げを管理するToDoアプリです。過去の積み上げの振り返りだけでなく、ツイート機能もあります。 アカウント登録不要ですぐに使い始めることができます。

ExecNote.app リリースしました!

ExecNoteは、コードが実行できるMarkdownアプリケーションです。Markdownドキュメント内に記載したコードをクリックすると実行ができます。わざわざターミナルを 起動させる必要がありません!無料ですのでもしよければダウンロードをお願いします。

About Me

11年目のシステムエンジニアです。アプリで生活や仕事を改善したい🐱仕事効率化、自動化のアプリ開発が得意です、ご相談ください。 🚀エンタメ系アプリの開発も模索中🐬社内SEや個人アプリ開発者、システムエンジニアになりたい人と繋がりたい🐱