Blazor で NavigateToメソッドを使用してページ遷移する方法

Blazor は c# でSPAが作れるフレームワークです。 Blazor(c#)からJavaScriptを呼び出せるので、JavaScriptから window.location.href でページ遷移することもできますが、この記事では、Blazor(c#)側でページ遷移する方法を紹介します。

1. 使い方

NavigateTo メソッドは以下のように使用します。

まず、.razor ファイルの先頭で inject します。

@inject NavigationManager NavigationManager

これで、NavigationManagerが使用可能になります。

続いて、@code ブロックの中で以下のように記載します。 このコードは、 /page というURLに遷移するメソッドになります。

NavigationManager.NavigateTo($"/Page", false);

2. 公式ドキュメント

公式ドキュメントは以下になります。

https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/api/microsoft.aspnetcore.components.navigationmanager.navigateto?view=aspnetcore-5.0

NavigateTo メソッドは以下の2つの引数を持ちます。

public void NavigateTo (string uri, bool forceLoad = false);
  1. URI 遷移先のURIです。
  2. forceLoad bool 型で指定します。初期値はfalse です。 trueの場合、クライアントサイドでページ遷移が行われます。強制的に遷移させたい場合にもtrueを指定します。 falseの場合、Blazorフレームワークで処理が行われますので高速ページ遷移が行われます。

Blazor のおすすめ本

私もBlazorを用いていくつかウェブアプリを開発しました。フレームワークがとても分かりやすく、簡単にSPAを作れることが楽しいと感じています。

Blazor wasm であればAWS S3のようなウェブホスティングサービスでアプリを公開することもできますし、Blazor Serverアプリであれば簡単に2要素認証を構築できます。

Blazor は現在も開発が進められているフレームワークですので本の情報は少しずつ古くなってしまいますが、全体的・体系的に学ぶには、本はとても有力なツールです。

電子書籍になっていますので、まずは試し読みから始めてはいかがでしょうか。

内容
第1章 Blazorの仕組み
第2章 開発環境
第3章 最初のBlazorアプリ
第4章 コンポーネント
第5章 データバインディング
第6章 イベント処理
第7章 Razor記法
第8章 フォームと検証
第9章 データベースアクセス
第10章 Web APIの活用
第11章 SVGの活用
第12章 JavaScriptとの連携

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。