カテゴリー
RPA

某大手IT企業の営業マンが語った、RPAを勧めない理由と対処方法

私は会社でRPAの導入検討を行っています。現時点の状況は、各部門から業務自動化対象の手順書・業務フローを頂いており、RPA導入後の処理フローや、予想効果の算出まで完了しています。

そこで、業務自動化が可能なRPA製品をヒアリングするため、誰もが一度は名前を聞いたことがあるであろう、某IT企業大手の営業担当者と打ち合わせを行いました。

ところが、その営業マンはRPAを勧めない、RPAはダメだと主張しており、私も納得した部分もありましたので、ここ記事で紹介し、私が思う対処方法を記載します。

営業マンの言い分:画像認識方式の自動化は、UIデザインや色が変わっただけで使えなくなる

例えば業務アプリケーションでの作業を自動化する場合、人のマウス操作やキーボード操作を自動化する処理方式で実装することが考えられます。

このとき、ボタンやテキストボックスの画像をRPAに登録して、この画像と一致するものを見つけて、クリックしたりキーボード入力したりするのですが、UIデザインが変わるとRPAに登録した画像と一致しなくなるので、動かなくなる、というものです。

まぁ、確かにその通りですね。

対処方法:キーボード操作(キーストローク)で自動化する

画像認識は最終手段で、これ以外でできる方法をまず模索してみるのがいいと思います。その方法の1つにキーボード操作で画面操作していく方式です。これであれば、多少UIが変更されても、ショートカットキーが変わらなければRPAによる自動化は可能だと考えています。

営業マンの言い分:HTMLタグ認識は、HTMLのIDやClassなどの属性が変わると動かなくなる。

まぁこれも、おっしゃる通りだと思います。特に、他社が展開しているウェブサイトだと、他社のやりたいようにフロント側が変わってしまうので、しっかり情報をウォッチしておかないと、「急にRPAが動かなくなった!」という事態がおこります。

対処方法:HTMLタグの属性がページ内に存在しない場合のエラー制御をしっかり実装する

例えば、指定したHTMLタグ属性が存在しない場合はエラーメールを送信して異常を検知するという方法です。HTMLソースはウェブサイトを提供している会社が自由変えられますので、「勝手に変えないで!」と要望を出したところで実現するわけがありません。なので、利用者側としては、RPA処理がしっかり止まって異常終了したことがわかる仕組みの実装が重要です。

営業マンの言い分:WindowsフォームのUIセレクタ(ウィンドウハンドラ)も変わると使えなくなる

ウィンドウハンドラ、詳しいことはわかりませんが、Win32APIで取得できるアレですよね。これもHTMLタグ要素と同じで、UIコンポーネントが変わってしまうとRPAが処理できなくなってしまいます。

対処方法:UIが変わるタイミングでRPAを修正する

内製開発しているシステムであれば、自社内でコントロールできますので、他社が提供しているウェブサイト対応よりはよっぽど簡単にできます。外注しているアプリケーションも、受入試験のタイミングでRPAをテスト対象に組み込めば、事前に不具合があるかどうかを確認できます。

また、パッケージシステムも同様ですね。バージョンアップする前に必ずテストしますので、そのときにRPAの処理もテストすれば、本番運用中に急にエラーになるということは考えにくいです。

営業マンの言い分:RPAは自動化対象のシステムによって処理結果が大きく変わる。プログラミングした方が動作が安定する

上述したとおり、画像認識もタグ認識もウィンドウハンドラ認識も、画像や属性やハンドラが変わってしまうとすぐに動かなくなります。なので、こんなものに頼るよりはソースコードを書いた方がよっぽど安定しますよ、という主張です。

対処方法:内部的にVBscriptなどプログラミング言語で動作するRPAもあるから、必ずしもプログラミングが必要にはならない

RPA製品によっては、内部的にスクリプト言語で自動化を実現している製品もあります。なので、1から10までプログラミングしなくても自動化の恩恵を得られる可能性があります。

ただし、これはRPAパッケージが用意したスクリプトに当てはまりますので、用意されていないものは自分でプログラミングする必要があるかもしれません。

営業マンの言い分:我々はRPAベンダーではないから、実情を話している

まぁ、そうなんでしょう。売る気が無さそうな匂いがプンプンしました。売る気がなさすぎて、なんのための打ち合わせだったのか分からなくなってしまいました。

RPAに欠点があることは重々承知していたつもりです。それを回避するための情報が知りたかったのに、このRPA製品なら出来ますよ!って情報が欲しかったのに。。。

対処方法:RPAで出来ることは、プログラミングするよりも早く簡単に実現できるから、導入するべき

これに尽きると思います。どんな製品だって、欠点を上げればキリがありません。ダメなところなんて、いくらでも言えてしまいます。

利用部門の要求を早くて安くて簡単に実現できるのがRPAなら、既知の問題にしっかり対処して、導入するべきだと思います。

最後に:RPAで年間数千時間も効果が出る理由は、1作業のトータル作業時間が長いから

RPA製品の導入事例やネット記事を見ると、年間数千時間も工数削減できました、という内容のものをよく見ます。しかしこれにはカラクリがあって、ある特定の1作業がトータルで数百時間かかっていて、その1作業だけをRPAで自動化した、という理由のようです。

例えば保険の支払い業務で、申請内容と自社保有のお客様情報の突き合わせを行う作業というのは、年間で数百時間もかかっているそうです。このたった1作業を自動化するだけで、数百時間もの工数を削減できるのです。

そのため、年間数時間の作業をたくさん集めてRPAで自動化させようとすると、1つの製品で様々なことを自動化させる必要が出てきますので、効果よりもシステム変更による保守作業に手間がかかってしまうことが多々あるそうです。

RPAは万能じゃない。自動化対象を出来るだけ絞って、効果が出るものから進める

上述したとおり、RPAは様々な要因で動作停止が起こりうるシステムです。そのため、ある程度部門から自動化させたい業務の分析が完了したら、1つ1つの作業ステップを分類して、出現回数が多くて時間がかかっているものからRPA導入を検討するべきだと考えます。

例えば分析した結果、Excel操作が多いのであれば、Excel操作を実現するスクリプトが多いRPA製品を探すか、VBAでツールを作ることを検討しましょう。ウェブサービスやウェブアプリケーションなど、ブラウザで稼働するシステムが多いのであれば、HTMLタグ解析に強いRPAを導入するぁ、seleniumなどのブラウザ操作自動化ツールの導入を検討しましょう。

カテゴリー
ライフ

産後クライシスを回避するために新米パパができること

子供が生まれると生活が一変しますよね。昼も夜も赤ちゃんが泣いて母乳をあげたり、おむつを替えたり、子育てって、本当に大変です。

私も2019年7月からパパになりましたが、妻を手伝わないでのんびりしていると、なんだかイライラされて、気まずい雰囲気になったことがありました。これを静観してしまうと、産後クライシスに突入してしまう可能性が大いにあったと思います。

今思うと、夜中も赤ちゃんに泣かれて母乳をあげたりオムツ変えたりしないといけないので、まとまった睡眠時間が取れないことも、イライラさせる要因なのだと思います。

この記事では、産後クライシスを回避して円満な夫婦生活を送るために、夫ができることを紹介します。

食事を作る

お昼ご飯や晩御飯などを作ってあげましょう。お母さんは赤ちゃんに母乳をあげたり寝かしつけたり、なかなか食事を作る時間が取れません。そもそも、ご飯を食べる時間すら取れないこともあります。

食事を作ると言っても、手の込んだものを作る必要はありません。和えればできるもの、うちのご飯とか丸美屋とか、簡単に作れるものをうまく使ってパパッと作るだけで喜ばれると思います。

私のおすすめは、味噌汁です。大根や人参などの野菜を食べやすい大きさに切って、水を足して茹でで味噌で味を付ければ完成です。簡単にできて野菜もたくさん取れて、汁物なので食べやすい。最高です。

掃除をする

なかなか掃除まで手が回りませんよね。時間を見つけてささっと掃除機をかけたり、ちょっと空いた時間で粘着シートのコロコロローラーでラグのホコリをとったりしましょう。

おすすめは、ロボット掃除機を買うことです。ボタンを押して放置しておけば、フローリングのゴミが無くなってます。最高です。

私が購入したロボット掃除機は以下の記事で紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

私がロボット掃除機を導入した理由と買ったもの – usefuledge.com

買い物に行く

オムツやトイレットペーパーなどの日用品、食料品を仕事帰りにでも買って帰ってあげましょう。このとき、すぐに食べやすい菓子パンやお菓子、バナナなどの果物を買ってあげるといいと思います。

お母さんは夜中に起きて母乳をあげたり寝かしつけたりしますので、夜にお腹がすきます。そのときに簡単に食べられるものがあると助かるそうです。

ミルクを作って、赤ちゃんに飲ませてあげる

ミルクを作るのは簡単です。粉ミルクであれば、粉を入れてお湯で溶かして、人肌の温度まで冷やせば完了です。液体ミルクであれば常温ですぐに飲めるものもありますので、哺乳瓶に入れれば終わり!というものもあります。

朝早く起きて、寝不足なママと交代してあげる

夜中にぐずって母乳をあげても寝てくれない場合は、寝てくれるまでずっと抱っこしたり添い乳してあげないといけなかったり、まとまった睡眠時間がとれません。そのため、朝5時とか早めに起きて、交代してあげるのもいいと思います。

他にもいろいろあると思います

例えばお風呂に入れたり、やって欲しいことを聞いてあげたり、欲しいものを買ってあげたり。

フレックス勤務が認められている会社であれば、出勤時間をずらして育児に専念できるような生活ができればいいですね。私の会社もフレックス勤務制で、朝7時から夕方4時までの勤務にしています。そうすることで、夕方早めに帰って、晩御飯の準備をしたり、赤ちゃんをお風呂に入れられる時間を確保できます。

カテゴリー
ライフ

新しいことを学ぶときは積極的にお金を使った方がいい

最近はインターネットで検索すれば何でも情報が出てきますね。プログラミングでも英語でも、ちょっとしたナレッジならすぐに得られるようになりました。

しかし、実際にお金を払って本を買ったりオンライン講座を受講する方が何倍も短期間で体系的に知識を習得することができます。

この記事では、新しいことを学ぶときはネット検索で得られる無料の情報ではなく、お金を払って本や講座を受講した方が良いということを主張していきます。

本は、その道のプロが書いていて、編集者によるチェック・校閲が行われている

1冊の本ができるまでの流れをご存知でしょうか?世の中に流通している本は、以下のような段階を踏んで出来上がっています。

  1. 出版社の編集者が企画を立案する
  2. 執筆者に原稿を依頼する
  3. 本のレイアウト・デザインを決める
  4. 著者・編集者・校正者によるチェック

企画の段階から、たくさんの人にレビューを受けて作成されます。著者・編集者・校正者によるチェックは、1度ではなく、2度、3度と行われます。本は多くの人が関わって出来上がるものですから、品質は自ずと高いものが出来上がります。

ネット検索は、自分が知りたいと思った情報しか得られない

インターネット検索では、必ず検索キーワードを入力します。この検索キーワードは、自分が知りたいと思った内容からしか生まれません。そのため、ネット検索は、自分が知りたいと思った情報しか得られません。

一方、本や講座であれば、テーマに沿った知識を体系的に学ぶことができます。必要な知識をセットにして提供していますので、自分が知らないことも、そのセットの中に含まれていれば、知ることができます。

本やメジャーなオンライン講座なら低価格

誰が書いたか分からない情報商材なら1つ10万円のような価格設定されているものも存在しますが、メジャーな出版社やオンライン講座のものであれば、数千円から購入することができます。1つ10万円も出して不確かな情報を得るよりは、数千円の書籍をいくつも購入して、多角的に正しい情報を得るようにする方が、効率的で経済的で、いろいろなメリットがあります。

欲しい情報が明確で単純であれば、ネット検索が優位。

例えば、プログラミングのクラス・メソッドの使い方であれば、わざわざ本を引っ張り出して索引を調べるのは時間がかかります。

そういうときは手早くネット検索で調べる方がかなり効率がいいです。

インターネットは誘惑がいっぱい

TwitterやinstagramなどのSNS、面白そうな漫画を宣伝しているネット広告など、インターネット上は誘惑でいっぱいです。これでは、気が散って効率よく知識を得ることができません。本や講座であれば、広告もありませんので、その知識習得のテーマに集中することができます。

自分の知識の範囲を広げたいなら本やオンライン講座を受講しよう

本やオンライン講座は多くの人が関わって出来ているものですので、体系的にまとめられていて、申し分ない確かな知識を得ることができます。

ネット検索で表面的な知識を得るだけでなく、書籍やオンライン講座で体系的な知識を得て行きましょう。

カテゴリー
ライフ

私がロボット掃除機を導入した理由と買ったもの

ロボット掃除機、とうとう買いました。以前から気になっていたのですが、値段が高価だったり性能が不安だったりして躊躇していたのですが、値段も手頃で良さそうな商品がありましたので、購入してみました。

この記事では、私がロボット掃除機を導入した理由と、実際に買ったロボット掃除機を紹介します。

ロボット掃除機とは、ルンバみたいなヤツです

説明は不要ですね。iRobotから販売されているルンバが有名ですよね。あんなやつです。

ルンバって、めっちゃ高いの。

最新型のいいヤツを買おうとしたら、メーカーのサイトには 129,880 円って出てやんの。ちょー高くて、軽い気持ちで買っちゃおう!なんて考えられません。はい。

https://www.irobot-jp.com/product/i7/index.html

それでもロボット掃除機が欲しい理由

私がロボット掃除機が欲しいと思った理由は以下のとおりです。

  1. ねこを飼っていて、毛が抜ける時期だと毎日掃除機をかける必要があり、面倒。
  2. 子供が生まれて掃除するまで手が回らない。
  3. 掃除機をかける時間がもったいない
  4. ほっといたら綺麗になってるなんて、最高じゃないか。

なにより、掃除機をかける時間を削減したいと思ったのです。

そこそこネットの評価がよくて、値段の安いものが欲しい

初めて買うロボット掃除機なので、高価なものを買って失敗したくありません。12万とかアホか、と思ってしまいます。3万でも高すぎると思っていました。なので、2万円以下でネットの評価が良い商品を探してみたのです。

1万円以下のロボット掃除機があった!その名は、ツカモトエイム

AIM-RC21 ツカモトコーポレーション ロボット掃除機 (ピュアホワイト) 【掃除機】ecomo ポンテライン

私が探した中では一番安かったと思います。2万円台や1万円後半のロボット掃除機はありましたが、1万円をきる商品は、このツカモトエイムくらいじゃないかと思います。

Amazonのレビューでは、462件のレビューで星4.0

ツカモトエイ ム 日本の家に適した ロボットクリーナー フローリング ペットの毛 落下防止 最大120分 運転 AIM-RC21(WT) Amazon

462件もレビューがつく商品なんてなかなかありませんし、しかもそんなにたくさんレビューがついて星4.0は結構すごいです。

ダブルブラシのタイプを購入

公式サイトのリンクを貼っておきます。公式サイトでは14,800円と記載されていますので、楽天かAmazonで購入されることをおすすめします。

使ってみた

箱を開けて、電源ボタンを押すだけで自動的に掃除を始めてくれます。最初は充電残量が十分ではないので、早めに充電がなくなるかもしれません。

充電の方法

電源コードが付属していますので、ロボット掃除機に差して電源に繋ぐだけです。まぁ簡単。

ゴミはまぁまぁ取れるけど、タイヤにも付く

10分ほど掃除させてみましたが、それなりにゴミを吸い込んでくれていました。

タイヤがゴム素材なのか何なのかわかりませんが、タイヤにちょっとゴミが付きます。でもあまり気になりません。

段差を検知してくれるので、落下しない

段差があると自動的に回避してくれます。なので階段の近くで掃除させても安心です。

音がそこそこうるさい

結構、音が大きいです。私の家は吹き抜けになっていて2階のフリースペースと1階のリビングが同じ空間になっていますが、リビングでつけていたテレビが聞こえにくくなるくらい、ロボット掃除機の音が大きいです。

正直な感想。自分で掃除機かける方が早くて綺麗になるけど、自分の手を動かさずに勝手に綺麗にしてくれるのは嬉しい。

どのロボット掃除機にも当てはまることだと思いますが、ロボット掃除機に掃除させるよりも、自分で掃除機をかけたほうが、よっぽど綺麗になりますし、早く終わります。なので、お客さんが来る直前に綺麗にしておきたい!と思ったら、それはロボット掃除機ではなくて普通の掃除機&マンパワーの出番です。

そうではなくて、日々の掃除を少しでもラクしたい、ねこや子供と遊んでいる間に綺麗にしておいてほしい、と思うと、ロボット掃除機が大活躍します。

ロボット掃除機だと放っておけばいいので、気がラクですし、心の余裕も保てます。

ロボット掃除機のエントリーモデルとして

私は買ってよかったと思っています。このロボット掃除機のおかげで、遊ぶ時間や休憩する時間が増えました。ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

AIM-RC21 ツカモトコーポレーション ロボット掃除機 (ピュアホワイト) 【掃除機】ecomo ポンテライン
カテゴリー
ライフ

大人の遊びを再考する

社会人になってから、遊んでいますか?私は30歳代に突入して2年が経過しようとしていますが、正直なところ、
ここ最近遊んだ記憶がありません。仕事して家に帰って、余った時間で漫画を読む程度です。

しかし、大人になってからの「遊び」は仕事のモチベーションを上げるだけじゃなく、退職してからの
身の振り方を決める大切な要素になると感じています。
また、これから先は仕事がどんどん無くなっていきますので、余暇の時間の使い方が非常に重要です。

この記事では、大人になってからの遊びの重要性と、遊び方の種類について説明したいと思います。

遊ばないといけない理由

大人になってから遊ばないといけない理由は以下の2つが大きいと感じています。

  1. 定年退職して仕事がなくなった後、やることが無くなってしまう
  2. 遊びは、仕事のモチベーションを上げる要素になる

同僚や後輩など、仕事の関係しかなかった人が、仕事の枠を超えて友人のように旅行や遊びに行く関係になれればいいですが、そうではない場合、定年退職すると遊んでくれる人がいなくなります。

この記事でいう「遊び」の定義

元 日本マイクロソフト社長が書いた「人生も仕事も変わる!最高の遊び方」の言葉を借りると、遊びの定義は「クリエイティブな暇つぶし」です。
パチンコにいったり漫画を読んだり、ただ飲みに行くのは遊びではありません。
自分だけのPCを自作したり、食品サンプルを作ったり、帆船模型を作ったりすることが「遊び」です。

仕事と遊びの違い

仕事はお金をもらう作業ですので、プロフェッショナルな結果を残す必要があります。そのためには、他人から
ダメ出しされたり、徹夜したり残業したり、嫌なことがたくさん待ち構えています。

一方、遊びはお金を得ることを目的としていません。自分が楽しむことが一番の目的ですので、誰かに何かダメ出しされたり
指図されることはありません。自分のペースで、自分の思ったことを試行錯誤して楽しむことができます。

仕事は嫌な思いをしてお金をもらう行為、遊びは自分が純粋に楽しむための行為です。

どんな遊びが「遊び」として適しているか?

上述したとおり、クリエイティブな遊びが適していると考えています。
友人と飲みに行ったり、漫画を読んだり、家でごろごろするのは、ただの休憩です。

また、何かをコンプリートしたりするのも、達成感があって楽しいかもしれません。
スマホのスローモーションや逆再生動画を撮ったり、いろんな道具を使って楽しむのもいいと思います。

私が思う「遊び」は以下のような内容です。

  1. 近隣の海にいる魚をすべて釣って制覇する
  2. RCカー(ラジコンカー)を自作してレースに出場する
  3. いろんな道具やガジェットを使って、猫の動画をとってSNSに公開する
  4. 庭やベランダで家庭菜園をして、酒のツマミを作る。

遊びの種類

人生も仕事も変わる!最高の遊び方」から引用させて頂くと、以下の種類があります。

  1. 作りかけの作品や、いい加減な作品をつくる
  2. みんながやってないことをやる。みんながやってみたいと思うことはやらない
  3. スマホや GoPro などのガジェットを使い倒して遊ぶ
  4. 誰もやったことがないことにチャレンジしたり、コンプリートする
  5. コレクター

「遊びたい」欲求をモチベーションの起爆剤にして仕事する

自分が心から楽しいと思えること、遊びたいことが見つかり、ずっとそれだけをやっていたいと
思うようになれば最高ですね。

しかし、人間として生活している以上、生活費としてお金を稼ぐ必要があります。また、「遊び」そのものに
お金がかかるようであれば、なおさらお金が必要になってきます。

いままで、ただ生活していくだけのお金しか必要なかったのが、これからは遊ぶためのお金も必要になります。

この「遊ぶためのお金が欲しい」という欲求は、ただ生活していくだけの欲求よりも大きなものだと感じています。
また、遊ぶ時間も確保する必要があるため、仕事の時間をできるだけ短くして、効率よくお金を稼ぐ努力が必要になります。

このように、「遊びたい」欲求をモチベーションの起爆剤にして仕事すると、効率よく仕事を終わらせて、毎日が
楽しくなるかもしれません。

お金の価値

闇金ウシジマくんの言葉を借りると、「金は価値と交換できる引換券で、金自体に価値は無い」です。

お金をたくさん持っていても、それを使うことが無ければ、無駄に貯金だけ増えて楽しくない人生になってしまいます。

一方、自分にとって楽しい「遊び」をたくさん知っている人は、お金をどんどん自分の価値あるものに交換して、
楽しいことをたくさんやっています。

お金を稼ぐことが人生ではありません。たくさん遊んで、楽しんだ人が勝ちだと感じています。

カテゴリー
aws C#

C# で簡単に AWS S3 にファイルをアップロードするソースコード

C# でAmazon AWS S3 に ファイルをアップロードする方法はいろいろありますが、シンプルに簡単にファイルをアップロードするソースコードを紹介します。

using Amazon.S3;
using Amazon.S3.Model;
using Amazon.S3.Transfer;
using System;

namespace autocbk
{
    class FAmazonS3
    {
        private static readonly Amazon.RegionEndpoint bucketRegionEndPoint = Amazon.RegionEndpoint.APNortheast1;
        private static IAmazonS3 s3Client;

        public static int UploadFile(string bucketName, string filePath)
        {
            try
            {
                s3Client = new AmazonS3Client(bucketRegionEndPoint);

                TransferUtility fileTransferUtility = new TransferUtility(s3Client);
                fileTransferUtility.Upload(filePath, bucketName);

                return 0;
            }
            catch(Exception e)
            {
                return 9;
            }
        }

    }
}

必要なNuGetパッケージ

AWSSDK.S3 が必要です。これをインストールすると、AWSSDK.Core が自動的についてきます。

aws s3 nuget package

ソースコード説明

  1. リージョンエンドポイントの指定
private static readonly Amazon.RegionEndpoint bucketRegionEndPoint = Amazon.RegionEndpoint.APNortheast1;

このコードで、リージョンを「APNothEast1」に指定します。

2. アップロード関数の定義

public static int UploadFile(string bucketName, string filePath)

この関数は、 bucketName と filePath を引数に持ち、int型でリターンコードを返却します。

3. S3にファイルをアップロード

fileTransferUtility.Upload(filePath, bucketName);

TransferUtility オブジェクトのUpload 関数でアップロードを行います。TransferUtility クラスの公式ドキュメントは以下にあります。

https://docs.aws.amazon.com/sdkfornet/latest/apidocs/items/TS3TransferTransferUtilityNET45.html

カテゴリー
RPA

RPAを導入する意味ってなに?RPAを導入するメリットを考えてみた

この数年でRPAに関するニュースが増えてきました。RPAを導入することで年間で数千時間の労働時間を削減したとか、数千社への導入実績をもつRPA製品のニュースなど、話題に事欠かないプロダクトです。

この記事では、RPAを導入する意味について書いてみました。

人が行う作業時間を削減できる。作業ムラがなくなり、スピードが早くなる

RPAは人間が行う作業を代わりに実施するロボットのことです。今まで人の手作業で行っていたデータ入力やメール送信、ドキュメント作成を、ロボットに作業させるのがRPAです。RPAが活躍してくれると、その分だけ人間が行う作業が少なくなっていきますので、人が行う作業時間が短縮されます。

RPAを導入する意味の1つ目は、人の作業時間を減らすことです。人ではなくロボット(ソフトウェア)が作業してアウトプットしますので、作業ムラがなくなります。担当者が休みでも問題なく仕事してくれるようになります。また、人の手でやるよりもロボット(ソフトウェア)が作業するほうがスピードが早いです。

労働力不足の問題を解決する

これからの日本は人口が減少します。15歳~64歳の人口は、2030年で6,875万人になり2065年には4,529万人にまで減少すると予測されています。

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11601000-Shokugyouanteikyoku-Soumuka/0000062121_1.pdf

2065年というと今から約45年後(2019年時点)ですので、2019年に生まれた子なら45歳になっています。順調にいけば課長クラスになる年代でしょうか。 この年代では労働人口が2,000万人も減少しますので、人手が足らなくなるのは確実です。

そのためにも、人間ではなくロボット(ソフトウェア)にやってもらう仕事を今のうちに増やしておく必要があります。私たちの年代で作業の自動化を推進してノウハウをしっかり貯めておき、少ない人数でほかの国々との競争力を高める努力をしないといけません。

自由で余裕をもった働き方を実現できる

人間が行わないといけない作業がなくなりますので、自由な時間が増えていきます。そうすると、勤務時間が今より自由になるかもしれません。例えば、8:30~17:30までの8時間勤務だったのが、10:30~15:30など、勤務時間そのものが減ることが考えられます。

実際、週休3日制に移行した企業もあれば、オフィスをなくして全従業員が在宅で仕事をしている企業もあります。これからは、人間の作業時間がますます減っていく時代に突入するのです。

そうすると、余った時間は自由に使うことができます。旅行に行ったりスポーツしたり。自由で余裕をもった働き方を実現できるようになります。

ロボット(ソフトウェア)を手早く簡単に実現できる

これらの自動化は、ロボットソフトウェアがあれば実現できますので、極論を言えばRPAがなくても実現可能です。Excelなどのマイクロソフトオフィス製品の自動化であればVBAがありますし、EdgeやChromeの自動化はSeleniumやウェブスクレイピングなど、既に確立した手法でプログラミングを行えば誰でもソフトウェアを開発できます。

ただし、コーディングするということはそれなりに時間がかかります。例えば、導入までの作業工程が以下のとおりだったとします。

  1. 要件定義
  2. 基本設計/詳細設計
  3. ロボット作成/コーディング
  4. テスト
  5. 運用トライアル
  6. 業務適用

この場合、「1」「2」「5」「6」の部分はRPAでもプログラミングでも同じく必要な作業だと考えられますが、「3」「4」はコーディングするよりもドラッグ&ドロップで簡単に構築できるほうがスピーディです。既に実装済みの機能をマウスだけでつなげて構築するほうが、単体テストも不要ですぐにロボットソフトウェアを構築できます。

RPA製品は安いもので年間100万円のコストがかかります。これが高いか安いかは、導入によってどれだけ効果が出るか予測すれば自ずと答えが出ると思います。このコストを導入効果でペイでき、かつ、業務にフィットしたRPA製品が見つかれば、導入する意味は十分にある製品です。

カテゴリー
ライフ

やる気が出ないときは、とりあえず5分だけやってみる

勉強とか仕事とか、やる気が出ないことがたくさんあります。

そんなやる気が出ないときの対処方法は、とりあえず5分だけやってみることが重要です。

5分だけやってみるとやる気が自然に出てくる

部屋の掃除したくないけど、始めてみると色んなところが気になって気付いたら30分も続けていたって経験はありませんか?

作業を始めると気分がのってくることがありますが、心理学的にも認められています。心理学者のクレペリンは、これを「作業興奮」と呼びました。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/エミール・クレペリン

いわゆる「やる気スイッチ」というやつですね。

アセチルコリンが分泌されると気分がのってくる

引用元: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Acetylcholine-cation-3D-spacefill.png

アセチルコリンは、副交感神経の興奮、交感神経の抑制、運動神経の伝達物質としての役割を持っています。交感神経がアクセルとすれば、副交感神経はブレーキです。アドレナリンが分泌されて興奮した交感神経を、アセチルコリンでブレーキをかけるイメージです。

アセチルコリンをコントロールできると、「仕事がはかどる」「ひらめきを得る」といったメリットが得られます。

ブログを書くやる気が出ないときは、タイトルだけ書いてみる

ブログを書くことは、自分の知識の整理だったり、副収入を得るきっかけになったり、様々なメリットがあります。しかし、いざ書くとなると、どんな構成にしようか悩んだり、既にいろんなブログで書かれている内容だったり、やる気が無くなる要素がたくさんあります。

そういう時は、まずはブログのタイトルだけ書いてみましょう。タイトルを書くと、概要をイメージすることができます。

タイトルが書けたら、次は目次や見出しを書いてみましょう。これが書けると構成明確になりますので、あとは見出しに沿って文章や画像で肉付けしていくだけです。

プログラミングのやる気が出ないときは、一行だけ書いてみる

個人開発でプログラミングしている人は少なくないと思います。私もその一人で、ペットの画像を投稿するSNSを作ろうと画策しています。しかし、書き方がわからなくて調べるのが面倒だったり、気分がのらない日があったりして、毎日やる気マックスで取り組めているわけではありません。

そんなときは、一行だけ書いてみるようにしています。一行だけ書いたら、次は書いた行をテストしてみましょう。テストが通ればこれを繰り返して、1機能を完成させてみましょう。そうすれば、その日の進捗としては十分なものになっていると思います。

一日の達成率を80%程度に抑えておく

120%の達成率までやってしまうと、明日何しようか分からなくなってしまい、明日の To Do を考える必要が出てきます。明日の宿題を明確にしておくことで、次のステップにすぐに着手することができます。

カテゴリー
ライフ

幸せになる方法を脳から考えてみる

ここ最近、「脳を最適化すれば能力は2倍になる」という本を読んでいますが、この中で幸せになる方法のヒントが少し書かれていましたので、紹介します。

ここで言う幸せになる方法とは

幸せになる方法とは、お金持ちになったり社長になったり、ということではなく、脳のドーパミンを分泌させることで幸せになる、ということになります。

幸せになる方法=ドーパミンを出す方法

ドーパミンはモチベーションの源です。一言でいうと幸福物質であり、幸福や快感といった感情に影響します。そのため、ドーパミンが分泌される=幸せだと感じる ということが成り立つそうです。

ドーパミンを分泌する方法としては、以下があります。

①明確な目標を設定する

②目標を達成した自分をイメージする

③目標を繰り返し確認する

④楽しみながら実行する

⑤目標達成したら、自分にご褒美を与える

⑥すぐに新しい高い目標を設定する

⑦目標達成のプロセスを繰り返す

適度な難易度の目標が一番モチベーションが上がります。簡単すぎると張り合いがありませんし、難しすぎるとかえってやる気がでません。

またドーパミンは工夫と変化を好みます。ちょっと難しい課題に対して自分なりに試行錯誤している時間はドーパミンがたくさん分泌されます。

リフレーミングで物事の枠組みを切り替える

リフレーミングとは、ネガティブなことをポジティブに考えたり、ピンチだと思ってしまうことをチャンスだと思えるように表現を切り替えることをいいます。

具体的には、

①あと15分しかない → あと15分もある!

②自分の不得意なことをしないといけない → 不得意を克服するチャンスだ!

③仕事の内容が自分に合っていない → 新しいジャンルへの挑戦だ!

リフレーミングが心理学的な手法です。習慣的にリフレーミングができるようになるには、日頃から練習が必要になりますので、ネガティブな考えが浮かんだらすぐにポジティブな表現に置き換えるような努力をしてみましょう。

 

ドーパミンはマンネリを嫌い、工夫と変化を好む

同じ仕事でも、いつもと違った手法でやったり、いつもとは違うアプローチで検証してみたりするとドーパミンが分泌されます。ドーパミンは工夫が大好きです。部下に仕事をお願いするときも、「自分なりにアレンジしてやってみて」と一言加えるとやる気が出て仕事をこなしてくれるかもしれません。

運動でもドーパミンは出る

トレーニングの後の脳は疲れて切っている疲れてきっていると思われるかもしれませんが、実際にはその逆で、非常にスッキリしているのです。少々ハードなトレーニングをすれば、集中力や想像力を高めるあせちるこりアセチルコリン、セロトニンも分泌されます。やる気が出ない、モチベーションが上がらないという人は運動不足の可能性も考えられます。

努力して成長を感じているときが一番幸せ

幸せは、努力の先にあるものではありません。日々の努力の中で自己成長を感じるときが一番幸せなのです。毎日のしごとの中で、自分がワクワクする瞬間にフォーカスをあて、目標を設定し、自己成長の階段を駆け上がっていきましょう。

カテゴリー
インフラ 仕事効率化

ウェブサービス個人開発の初期にレンタルサーバーとPHPを選択する理由

個人開発の中でも、ウェブサービスを開発するという前提になりますが。開発初期段階では、レンタルサーバーとPHPという選択肢はかなり有効だと考えています。

この記事では、なぜレンタルサーバーとPHPの組み合わせが有効なのか、及び、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。

1. ランニングコストが安い

なんと言っても、レンタルサーバーはランニングコストが安いですね。クラウドで仮想サーバーを構築した場合、1ヵ月あたり1,000円から場合によっては10,000円を超えることもあります。

一方で、レンタルサーバーは1ヵ月130円から1,500円など、とても安く済みます。MySQLなどのデータベースも使用できますので、一般的な開発に十分使えるサービスになっています。

2. PHPの開発効率は高い

PHPは厳格な型定義がなく、比較的簡単なプログラム言語です。htmlと同じファイルの中にPHPスクリプトを直接書き込むことができ、簡単にサーバーサイドの処理を実装することができます。

また、PHPは情報量が多いので、インターネットで検索すればすぐに情報を得ることができます。CMSシステムとして良く知られているWordpressなど、PHPが使われているウェブシステムは数多くありますので、実績も情報も十分です。

PHPファイルをウェブサーバーに配置するだけで実行できますので、テストや環境構築も簡単です。

3. 開発初期は、早く稼働させて自分のアイデアが正しいのか検証するべき

自分の中で良いアイデアが浮かんだとしても、それが世間に受け入れられるかは分かりません。世間に受け入れてもらえるかどうかは、動くものを作って公開することが重要です。スライド資料や画像による説明ではなく、プロトタイプのウェブサービスを構築して一般公開して、意見をもらうことが重要です。

そのためにも、素早くウェブサービスを構築できるインフラとプログラム言語を持っていることが非常に重要になります。PHPとレンタルサーバーの組み合わせだと、PHPファイルをコーディングしてサーバーに配置するだけですぐに実行することができます。

PHPを使って開発されたウェブサービス

有名どころでは、Facebookの初期の頃にPHPを使用していました。これ以外にもブログシステムとして利用されているWordpressでも使われています。また、動画学習サイトのSchoo、クラウドファンディングのCAMPFIREでもPHPが使われています。

4.おすすめなレンタルサーバー

  • さくらインターネットのレンタルサーバー

さくらインターネットのレンタルサーバーはかれこれ3年以上使用しています。

https://www.sakura.ne.jp/?_ga=2.37923171.1101151846.1565477533-1651816086.1560945349

44万件がさくらインターネットのレンタルサーバーを利用しています。プランは6種類あり、最安値で月額129円(年間1,543円)

から利用可能です。SSHやMySQLを利用するには、スタンダード(月額515円)以上が必要です。

各プランの比較は以下のページにあります。

https://www.sakura.ne.jp/plans.html