PowerShell と実行ポリシー

PowerShell で作成したスクリプトは、デフォルトでは署名していないものは実行できません。

ここでは、PowerShellの実行ポリシーの確認方法と、変更方法について紹介します。

PowerShell 実行ポリシーの確認方法

Get-ExecutionPolicy

実行ポリシーを確認するには、このコマンドを実行します。

実行すると、以下にようにポリシーが表示されます。

実行ポリシーの種類

PowerShell の実行ポリシーは以下があります。

  • Restricted : すべて実行不可
  • AllSigned : 署名されているスクリプトのみ実行可能
  • RemoteSigned : ローカルのスクリプトは実行可能。インターネットからダウンロードしたスクリプトは、署名されていれば実行可能
  • Unrestricted : すべてのスクリプトを実行可能。ただし、インターネットからダウンロードしたスクリプトは、実行前に確認メッセージが表示される
  • Bypass : 確認メッセージなしに、すべて実行可能

実行ポリシーの変更方法

Restricted (すべて実行不可) に変更する

Set-ExecutionPolicy Restricted

AllSigned (署名つきのみ実行可能) に変更する

Set-ExecutionPolicy AllSigned

RemoteSigned (ローカルのみ自由に実行可能) に変更する

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

Unrestricted (すべて実行可能。一部確認メッセージあり) に変更する

Set-ExecutionPolicy Unrestricted

Bypass (すべて実行可能。確認メッセージなし) に変更する

Set-ExecutionPolicy Bypass

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。