カテゴリー
ライフ

感情を抑えられると、目の前の作業に集中できる

仕事や個人開発において、突発的にトラブルや問い合わせ、割り込み作業が発生するとどうしてもイライラや不安といった感情が出てきてしまい、高いパフォーマンスを発揮することができません。

しかしこれらの感情を抑えることができると、目の前の作業に集中することができ、結果として短時間で品質の高い成果物をアウトプットすることができます。

怒りの感情に支配されない

誰かの言ったことや、やったこと。怠けているのを見たりすると、怒りの感情が出てくることもあると思います。しかし、その怒りを頭の中でいっぱいにしてしまうと集中力が途切れてしまい、結果として自分の仕事も遅くなり、ミスの多い成果物になってしまう要因になります。

怒りの感情は数秒でなくなります。まずは数秒間を耐えましょう。そのあと、本当に言わなければいけないことだけを一言で簡潔に発言するべきです。言わなければいけないことが無いのであれば無視して自分の作業に戻りましょう。

怒りの感情に支配されていても何も生産されません。無駄です。時間は自分の命を削っていることと同じですから、一秒たりとも無駄にしてはいけません。

まだ起こってもないことに不安にならない

心配することは悪いことではありませんが、心配しすぎは無駄です。私も心配性で、あれこれ様々なことを考えてしまうのですが、心配したことの半分以上は実際のトラブルにはなりません。

仕事や成果物に対して不安があるようであれば、チェックリストを作成するなどして、全て消し込まれたらこれ以上は考えないようにしましょう。まずは機械的にチェックリストを消化して完了フラグを立てるようにすれば、効率よく成果物をアウトプットできるでしょう。

チェックリストに無いけど追加した方がいいものを思いついたのであれば、それはすぐにチェックリストに取り込むべきです。このような見直しは定期的に行うべきだと考えています。しかし、これも短い期間で何度もやる必要はありません。半年か、早くても3ヵ月に1回でいいと思います。

自分の世界=作業に集中する

常日頃からタスクリストを作成し淡々と消化する訓練をしておけば、周りからどんなことを言われても影響されずに作業に集中することができます。何時までに何をするか、今日一日でどこまでの仕事を終わらせるかをしっかり計画しておくことが重要です。そうすることで、積みあがったタスクを一つ一つ集中して取り組むことができるようになります。

タスクを計画する際に最も重要なことは、無理をしない作業量を決めておくということです。どうしてもその日に終わらせないといけないものと、次の日以降でも問題ないものに色分けしておけば、余裕が違ってきます。心の中に余裕をしっかり持っていれば、突発作業が発生しても感情を乱されることなく、落ち着いて順番に取り組むことができます。

また、早め早めに作業に着手することも重要です。期間が短いと焦ってしまう原因になりますので。他の人から「早すぎるでしょ」と言われても、自分のペースで仕事できるようにしておきましょう。

リラックスすることを忘れない

リラックスしていないと、いくら感情を抑えようとしても抑えきることができません。しっかりリラックスしている状態で仕事に取り組みましょう。

リラックスする方法は人によって様々ですが、私は以下のことを心がけています。

1.早めに着手して、「今日終わらせないといけない仕事」の作業量をできる限り少なくする

2.明日に回せる仕事を明確にする

3.お菓子とコーヒーを準備しておく

4.定期的に短い休憩をとり席を立つ。

最後に

感情に支配されると、その時間は無駄でしかありません。あなたのパフォーマンスを急激に低下させてしまいます。

感情に支配されず、自分の作業・やりたいことに集中できれば、より良い生活になるのではと考えています。

カテゴリー
未分類

本は目で読むのではなく、耳で聞くのがおすすめ

読書をしていますか?本は今まで知らなかった新しい知識を得られるだけでなく、心が豊かになるチカラがあります。

読書は本当に大事ですが、目で読むとどうしても他のことが出来なくなります。特に、電子書籍ではなく紙の本だと、暗い場所では読めないため場所と時間が限られてしまいます。

そこで、本を読むのではなく音で聞くことができれば、ながら作業でインプットできますので効率が上がります。

この記事では、本を聞くことのメリットとそれを可能にするツールを紹介します。

本を聞くことのメリット①ながら作業で本の知識をインプットできる

料理をしていたり車を運転していたり、意外と耳はヒマしています。車を運転しているときは周りの状況を把握する程度に耳を活用していますが、それでもラジオや音楽を聞くくらいの余裕はあるでしょう。

この時間を読書の時間に割り当てて、耳で本を聞くのです。そうすると、他のことをやりながら本の知識を得られますので、時間を効率良く使うことができます。

本を聞くことのメリット②目が疲れない

本を目で読むとどうしても疲れてしまいます。明るさや文字の大きさなどの読書環境によっては、視力の低下に繋がります。

しかし、本を読むのではなく、聞くことで本の内容をインプットできれば、目で文字を追う必要がありませんので、目が疲れることはありません。

本を聞くことのメリット③記憶に残りやすい

読むより聞くほうが記憶に残りやすいと言われています。更には、聞くだけでなく、聴きながら見る方がもっと記憶に残りやすいです。

そのため、同じ時間をかけて本を読むのではなく、本を聞く方が効果が良いです。是非、本は読むのではなく、聞きましょう。

本を聞くためのツール①audiobook.jp

本を聞くことができるサービスとして、audiobook.jp というサービスがあります。audiobookの前身のサービスは「febe」といい、私は「febe」の頃からのユーザーです。

このサイトでは、本を1冊ずつ購入して音声を聞くサービスと、対象の本が聴き放題というサービスの2種類があります。

https://audiobook.jp

audiobook.jpの聴き放題サービス

執筆時点(2019/12/14)では、月額750円で対象の本が聴き放題というサービスがあります。

https://pages.audiobook.jp/lp/unlimited/index.html

一冊分をちょっと安く購入できるサービス

月額330円からのどれがのコースを選ぶことで、金額プラスアルファのポイントがつきます。このポイントを使用することで、一冊あたりの値段が少し安く購入できるサービスです。聴き放題に聴きたい本が無い場合など、こちらの方がお得ということもありそうですね。

本を聞くためのツール②audible

https://www.audible.co.jp

執筆時点(2019/12/14)では、Audible は月額1500円で毎月1冊ずつ本が聞けるサービスです。毎月コインが1つもらえ、コイン1枚と本一冊を交換して本を聞くことができます。一冊1500円以上の本を選べばお得になりますね。

このサービスは先程のaudiobook と違い、毎月1冊だけという制限があります。耳で聞ける時間は多くあるのに1冊だけとは、なんだかもったいないような気がしてしまいます。

本を聞くためのツール③Amazon Alexaに読んでもらう

Alexa は Amazon のスマートスピーカー Amazon Echo の住人ですよね。私はスマートスピーカーを持っていないのですが…どうやらAlexa さんに Kindle の本を読んでもらえるそうです。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201975870

Amazon Echo って意外と安いんですね。私は今のところ需要が無さそうですので購入する予定はありませんが…。でも、場合によってはあると便利かもしれませんね。

ディスプレイがついたタイプもあるそうです。

本を聞くためのツール④イヤホン

電車の中など外出中にも聞く場合には、イヤホンは欠かせませんよね。特に、Bluetoothの完全分離型イヤホンであれば、コードが邪魔にならずにストレスフリーで聴くことができます。

私のおすすめのイヤホンはこれです。

音楽を聴くにも本を聴くにも、イヤホンは必需品ですね。

最後に

本は聴くものです。記憶にも残りやすいのでおすすめです。

カテゴリー
仕事効率化

【スマホファースト】スマホで出来ることを増やすと隙間時間を有効活用できる

スマホはほとんどの人が常に持ち歩いているモノの一つです。むしろ、スマホを持ち歩かない人はあまり居ないと思います。

パソコンでできることはスマホでもできます。むしろ、スマホから仮想PCにリモート接続すればパソコンが使えます。

スマホで出来ることを増やせば隙間時間を有効活用できます。この記事では、隙間時間の有効活用に繋がるスマホの使い方を紹介します。

1. ブログを書く

ブログをパソコンで書いてる人もいると思いますが、スマホで書けるようになれば、外出先のちょっとした空き時間を使って書くこともできます。ブログに広告を掲載すれば収益も期待できますね。

ブログサービスを使えばサーバー設定不要ですぐに始めることができます。有名なところで言えば、

など、様々なブロサービスがあります。これらは、サブドメインを使用して無料でブログを公開することができますし、有料アカウントであれば独自ドメインを使うこともできます。

これ以外にも、Wordpressを使う方法もあります。レンタルサーバーやVPC上に構築した WordPressにスマホからアクセスして記事が書けます。また、Wordpressにはネイティブアプリが公開されていますので、これを使えばウェブ画面よりは効率よく執筆できます。

iOSアプリは以下の URLからダウンロードできます。

https://apps.apple.com/jp/app/wordpress/id335703880

2. 動画を作る

最近は 幅広い世代で YouTube を視聴しています。10代や20代はもちろん、40代のサラリーマンでも見ている人は見ています。

もう、文字を読むということが段々と少なくなっていく時代なのかも知れません。文字よりも動画の方が情報量が格段に多いですし、面白さも伝わりやすくなります。

動画は iMovieなど無料アプリが多く公開されています。スマホで撮影した動画を加工したり、画像を作って文字を追加することもできます。BGMが必要であれば既に用意されているものが iMovieから選択できます。

https://apps.apple.com/jp/app/imovie/id377298193

3. サーバー設定やプログラミングする

パソコンでしか出来ないように思う人が多いかも知れませんが、SSHクライアントやコードエディターがあれば事足ります。会社のサーバーにアクセスする場合は、同じネットワーク内にスマホを接続すればいいと思います。

私が使用しているアプリは、panicの code editorです。

https://apps.apple.com/jp/app/code-editor-by-panic/id500906297

このアプリはSSHクライアント、SFTPクライアント、コードエディターの機能が含まれています。ほぼ、これで事足りますね。

Windows系のサーバーであればRDPクライアントアプリがあれば十分です。公式のものもありましたが、以下のアプリが使いやすくて好きです。

https://apps.apple.com/jp/app/remote-desktop-rdp-lite/id288362576

4. 文字入力が面倒なときは、Bluetoothキーボードを使う

スマホのキーボードを使ってると、打ち間違いがあったり、シフトキーが無いために記号を入力するのが面倒だったりしますよね。そんなときは、Bluetoothキーボードを使うと良いです。

Bluetoothキーボードと言っても、大きいものから小さなものまで様々あります。大きなキーボードだと持ち運びが大変ですので、このような小さなキーボードもあります。

https://amzn.to/2OAZlFG

隙間時間にスマホを使ってアウトプットを増やして、副収入を得てみよう

会社員としての収入は安定していますが、どうしても時間が拘束されてしまいます。また、いくら頑張っても基本給は変わらず、収入額が変わるとすれば残業代くらいなもんです。

このように、頑張っても報われないけど安定しているのがサラリーマンですが、頑張った分だけ報われるのが副業です。安定性もあまり期待できませんが、「頑張った分だけ報われる」というところにやりがいを感じると思います。